SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

本島周辺

沖縄・久米島:触れて感じるコンセプトルーム『久米島Tsumugi』誕生

2020.11.04

沖縄・久米島:触れて感じるコンセプトルーム『久米島Tsumugi』誕生

沖縄県・久米島にあるサイプレスリゾート久米島では、ジュニアスイートルーム4室が新たに生まれ変わり、島の伝統工芸品「久米島紬(くめじまつむぎ)」の文様を随所に散りばめ、日頃触れる機会の少ない〈本場久米島紬〉を身近に感じられるコンセプトルーム『久米島Tsumugi』となりました。



〈重要無形文化財〉久米島紬の魅力に触れる部屋

“紬発祥の地”久米島の豊かな自然と長い歴史の中で生まれた久米島紬は、約500年もの間、沖縄の人々の暮らしに寄り添ってきました。島の人々によって大切に受け継がれた伝統技法は、2004年に国の重要無形文化財として指定され、様々な新しい取り組みを通して技術の伝承とさらなる進化をし続けています。

コンセプトルーム『久米島Tsumugi』では、琉球王朝時代の王族が身に着ける織物の仕様書として用いた「御絵図(みえず)」の復刻柄と、現代的なシックな柄を随所にあしらい、その風合いや違いを感じながらお愉しみいただけます。
また、照明スイッチやクローゼットの引手などには、織子によって織られた本物の久米島紬を贅沢に使用しており、島の自然から生まれる染料で染めた風合い、紡いだ絹糸が織りなす繊細な絣柄(かすりがら)や手触りを体感いただけます。久米島紬のもつ、気品とやさしい温かみに包まれた贅沢なご滞在をお届けいたします。

島の自然と織子(おりこ)の手仕事から生まれる久米島紬

沖縄・久米島_サイプレスリゾート久米島『久米島Tsumugi』

久米島紬は蚕繭からとった真綿で紡いだ生糸を原料とし、島に自生する植物や木々、泥染めなど島の豊かな自然から生まれる染料で染めた絹糸が用いられます。製糸から図面、染色、織りのすべての手作業をひとりの織子が行う久米島紬には、島の自然の恵みからなる風合いと、伝統ある手作業の技術を守り続ける織子の緻密な技から、温かみと気品が生まれ古くから多くの人々に親しまれてきました。

コンセプトルーム『久米島Tsumugi』の誕生と特徴

沖縄・久米島_サイプレスリゾート久米島『久米島Tsumugi』

『久米島Tsumugi』の誕生は、島の伝統工芸品「久米島紬」をより多くの方に広め、その風合いを実際に触れて感じていただきたいという想いからはじまりました。プロジェクトにはグラフィックデザイナーの視点で日本の伝統工芸の模様を研究し、応用に取り組む山端 家昌(やまはた いえまさ)氏、島内において養蚕(ようさん)や久米島紬の織染め、さらには体験会や後継者育成などの伝承と発展に取り組む久米島紬事業協同組合、また琉球王朝時代からの歴史を貴重な資料や写真展示等を通して紹介している那覇市歴史博物館へご協力を仰ぎました。

久米島紬に触れる場を増やし、多くの方にその魅力を感じてもらいたいと願う4者の想いが込められた、
『久米島Tsumugi』は共同・共感を意とする“ゆい(結ぶ)まーる(回る)の心”から生まれたゲストルームです。

『久米島Tsumugi』では、現代の紬柄の主流となる落ち着きのある色合いやシックな柄をベースに、王朝時代の復刻柄から鮮やかな色味を加えることで、落ち着く空間でありながら沖縄ならではの華やかさも演出しております。
ベッドスローや照明、クッション、タペストリーなど随所にあしらった様々な文様の違いを楽しみ、照明スイッチや引手に用いた本物の久米島紬を手で触れて感じることができます。時代により変化してきた紬柄を組み合わせることで、その魅力や違いを楽しみながら、久米島ならではの贅沢な滞在をお楽しみいただける唯一無二の空間となりました。

〈特徴〉
◎ポイント1 <本物の久米島紬に触れる>
照明スイッチやクローゼットの引き手など手の触れる随所には、本物の久米島紬を使用しています。繊細な織りの感触が味わえる生地の手触りや光沢感を、探すように見て触れてその空間をお愉しみください。

◎ポイント2 <モダンに伝統文様を表現した2層のアクリルパネル>
ベッドボードの上には市松模様の柄と、動植物の小鳥の柄(トゥイグワー)を重ね合わせ、紬特融の織りの構造がわかるようデザインされたアクリルパネルを設置。躍動感がある伝統の文様を2層に重ね合わせることで、見る角度によって表情を変える、遊び心のあふれるアート作品が完成しました。

沖縄・久米島_サイプレスリゾート久米島『久米島Tsumugi』

◎ポイント3 <糸巻きの形に絣柄が浮かび上がる天井ランプ>
久米島紬織り作業工程のひとつである、絹糸の太さを均等に整え、絹糸の強度をより強くするために必要な“糸巻き”をモチーフにした天井ランプ。全面に久米島紬の柄が淡く映し出され、素朴で温かみのある空間を演出しています。

サイプレスリゾート久米島は、久米島初の試みであるコンセプトルーム『久米島Tsumugi』をはじめ、島の豊かな自然、島人、歴史や文化等の魅力を積極的に発信し続けることで、今後も久米島の活性化に取り組んで参ります。

沖縄・久米島_サイプレスリゾート久米島『久米島Tsumugi』

コンセプトルーム『久米島Tsumugi』概要
商品名:コンセプトルーム『久米島Tsumugi』(45㎡/定員1〜3名)
料金:素泊り 15,550円〜(大人2名1室ご利用時1名様あたり)
ご予約は公式HPよりご予約ください。
※画像はイメージです。
※表示の価格はサービス料・消費税込みの価格となります。

〈ご紹介〉
イエティワールド株式会社
事業内容:アイのあるデザインで、世界中を笑顔に。をコンセプトに、グラフィックデザインやブランディング、コラボレーション企画などを手掛ける。代表の出身地である青森の「こぎん刺し」を中心に伝統工芸の新たな可能性を生み出す。
所在地:東京都調布市多摩川5-14-7 島田ビル3F
企業サイトはこちら

沖縄・久米島_サイプレスリゾート久米島『久米島Tsumugi』

山端 家昌(やまはた いえまさ)氏/グラフィックデザイナー
伝統工芸をわかりやすく伝え、知って、手に取り、より身近に感じてもらうことで、伝統工芸品に触れる入口を増やしていく活動をしていきたいと思っています。今回の久米島紬ルーム制作に携わることに決めた理由もその思いからです。青森の「こぎん刺し」にも通ずる伝統工芸品の魅力のひとつは、手から手へと受け継がれる手仕事の魅力。人がいないと途絶えてしまうこの価値の高い久米島紬の伝統のすばらしさを、この客室にお泊りのお客様に感じていただき、気持ちが弾むような体験をしていただきたいという思いを込めて作成しました。

沖縄・久米島_サイプレスリゾート久米島『久米島Tsumugi』

久米島紬事業協同組合
事業内容:久米島紬の里「ユイマール館」運営。多種多様な久米島紬を制作し直売、また館内では久米島紬の歴史や作業工程などを展示し、伝承者養成事業の中で技術の保存・伝承に取り組む。
所在地:沖縄県島尻郡久米島町字真謝1878-1
企業サイトはこちら

松元 徹(まつもと とおる)氏/久米島紬事業協同組合 理事長
久米島紬の魅力のひとつは約500年にもおよぶ古い歴史があるということです。伝統を手で繋ぎ、今もなお、新しい絣のデザインを創作し伝承と進化を続けていることにあります。このようなホテル業とのコラボレーション企画は『久米島Tsumugi』が初めての試みとなり、久米島として誇りを持ってお伝えできる島の財産を、訪島される全国の皆様に知っていただきたいという思いで携わりました。さらには久米島紬の里「ユイマール館」にしかない作品にも触れ、久米島紬がつくられる工程を実際に体験いただくことで、深く久米島紬の魅力を感じていただきたいと思っています。

那覇市歴史博物館
事業内容:かつての琉球王国時代から継がれる独自の文化や歴史がある沖縄。国宝の琉球国王尚家関係資料をはじめ、貴重な美術工芸品や歴史資料を多数所蔵している。
所在地:沖縄県那覇市久茂地1丁目1番1号 パレットくもじ4階
公式ホームページはこちら

サイプレスリゾート久米島

 

那覇空港から飛行機で約30分の離島「久米島」。
久米島空港からほど近い西海岸に佇むサイプレスリゾート久米島は、美しい海と手つかずの自然に囲まれた静かな大人のリゾートホテルです。ホテル目の前にはシンリ浜が広がり、東シナ海に沈む夕日を久米島一美しく眺めることができます。館内レストラン凪-Calme、サイプレスカフェ渚-La Plageでは、久米島の食材にこだわった自慢の創作和洋料理を提供。ゆったりと贅沢な島滞在をご提案しております。

所在地:〒901-3132 沖縄県島尻郡 久米島町大原803-1
TEL:098-985-3700
公式サイトはこちら

■〈3密回避〉安心滞在への取り組み
サイプレスリゾート久米島では、お客様に安心してご滞在いただける旅をご提供するべく、徹底した「3密回避」および、館内随所における「衛生管理」を基盤とした以下への取り組み、お客様および従業員の「健康管理」を徹底しております。
【衛生管理】
・ホテル滞在中は、マスクの着用をお願いしております
・客室清掃時には、手が触れる部分(ドアノブ、引き出し、取っ手、リモコン、スイッチなど)を重点的にアルコール消毒に よる拭き上げを実施
・フロント、レストラン入口、その他随所にアルコール消毒液の設置
・ホテル入館時およびレストラン入店時に全てのお客様へアルコール消毒の実施
・食器類(お皿・グラス等)やカトラリーの高温洗浄を実施
・館内各施設において定期的な換気およびアルコール除菌清掃の実施
・スタッフの検温・体調管理と接客時のマスク着用を実施
【フロント(チェックイン/チェックアウト)】
・代表者によるチェックイン/チェックアウト
・混雑時にはラウンジおよび待合スペースを活用したチェックイン/アウトの適宜実施
・カウンターにはアクリル板を設置
・館内案内は書面にてご説明をし、接触時間の短縮
・「健康チェックシート」による体調・渡航履歴の確認
※37.5度以上の発熱が認められた場合、保健所の指示に従い、ご宿泊をご遠慮いただく場合がございます。
新型コロナウイルス感染防止対策〈3密回避〉安心滞在への取り組みの詳細はこちら

(運営会社)
ユーアンドアールホテルマネジメント株式会社
新しい感動が生まれる上質なくつろぎ空間を提供する軽井沢と沖縄・久米島のふたつのリゾートホテル、首都圏ビジネスホテルと家具家電付賃貸事業。
都市 -Urban- と、リゾート -Resort- において、洗練された上質な空間をお届けしております。

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED