SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

滋賀

全国各地の「猫島」特集!島のニャンコに癒されたい猫好きさん集まれ!

2019.09.10

全国各地の「猫島」特集!島のニャンコに癒されたい猫好きさん集まれ!

猫好きさんにとってたまらない「猫島」が、全国にあるのをご存知ですか?そんな猫があちこちで暮らしている「猫島」は、人の数より猫が多かったり、猫を守護神として祀っているなど猫好きさんの聖地となっている島です。近年では、外国人観光客の人気スポットにもなりつつあります。そこで、全国各地の「猫島」をご紹介します!

猫島とは?

青島_青島港

画像提供:PIXTA

どこか特定の島を指す言葉ではなく、島全体に猫が多く、人口に匹敵する、もしくは超えるほどの猫の割合が多い島を「猫島」と呼んでいます。のんびりとした海沿いの町に人と猫とがうまく共存しながら、思い思いに暮らす猫たち。そんな光景を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

田代島(宮城県石巻市)

田代島_猫

画像提供:PIXTA

宮城県石巻市の牡鹿半島の先端近くにある「田代島(たしろじま)」。人形劇「ひょっこりひょうたん島」のモデルとも言われ、近年は“猫の島”、“マンガの島”として知られています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ニッポン丸ごと!旅するスイロさん(@traveler_sui)がシェアした投稿

島の中央には猫神社があり、「猫神様」が祀られているほど猫をとても大切にしています。

また、島内へは猫の天敵になる犬(身体障害者補助犬や警察犬、災害救助犬は除く)の持ち込みが禁止されています。

宮城県石巻市田代島

アクセス:JR石巻駅から旧北上川河口発着所までバスで約10分、船で約43分

 

江の島(神奈川県藤沢市)

画像提供:PIXTA

神奈川県藤沢市にある湘南海岸から相模湾へ突き出た「江の島(えのしま)」。都心からもアクセスしやすく、湘南を代表する観光名所です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kanoさん(@nanahosi.8.8)がシェアした投稿

江の島の猫たちはもともとは捨て猫でしたが、島民がかわいがって世話をして育てられたため、人には慣れていて怖がらない地域猫です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Jun Satoさん(@con_mia_panda)がシェアした投稿

島内には、神社や灯台、おしゃれなカフェやパワースポットなどがあるので、たっぷりと1日遊ぶことができます。

神奈川県藤沢市江の島

アクセス:小田急片瀬江ノ島駅から徒歩で約10分

 

沖島(滋賀県近江八幡市)

沖島_猫

画像提供:PIXTA

滋賀県の琵琶湖の沖合から約1.5kmに浮かぶ「沖島(おきしま)」。日本唯一の淡水湖の有人島で、猫が多いことでも有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

小太郎小鉄さん(@kotatsu512)がシェアした投稿

島内の道路には信号機がなく、自動車も一台もないため、島内では猫たちが交通事故に遭う危険性も低く、安心して暮らしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

たつやさん(@tm.1928)がシェアした投稿

沖島の猫たちは、野良猫として毎日をのんびりと暮らしています。漁業が盛んな沖島では、魚が手に入りやすく猫にとって最高の環境です。

滋賀県近江八幡市沖島町

アクセス:近江八幡駅北口から堀切港までバスで約32分、船で沖島港まで約10分

 

青島(愛媛県大洲市)

青島_猫

画像提供:PIXTA

瀬戸内海に浮かぶ、愛媛県大洲市の「青島(あおしま)」。今ではすっかり“猫島”として有名になりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

花風さん(@hanakaze2015)がシェアした投稿

島民の減少によって、飼い猫だった猫たちが野良猫化しましたが、今は地域猫として、島民の方が世話をしています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いしこんさん(@bob_ishicon)がシェアした投稿

青島には、「青島での約束」がルールとして定められていて、エサやりは指定のエサ場であげること、ゴミを持ち帰ること、島民の暮らしを乱さない、などの決まりがあります。

愛媛県大洲市長浜町青島

アクセス:長浜港から船で約45分

 

佐柳島(香川県多度津町)

佐柳島_飛び猫

画像提供:PIXTA

瀬戸内海の中央に浮かぶ「佐柳島(さなぎしま)」。港のコンクリートの岸壁をジャンプする猫を目当てに、毎年多くの観光客が訪れています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Masayuki Yosanoさん(@masa.yosano)がシェアした投稿

プロのカメラマンが撮影に訪れるほど、話題のジャンプする猫たちは、2つの集落のうち、南の本浦港で見ることができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

いしこんさん(@bob_ishicon)がシェアした投稿

島民の敷地内など迷惑をかける場所でなければ、エサやりなどは禁止はされていません。

香川県仲多度郡多度津町佐柳

アクセス:多度津港から船で約50分

 

男木島(香川県高松市)

男木島_港

画像提供:PIXTA

瀬戸内海に浮かぶ、人口わずか160人程度の小さな島の「男木島(おぎじま)」。猫島としても有名ですが、ダイビングスポットとしても人気の島です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

モンモン🐈 矇矇さん(@mongmong.is.good)がシェアした投稿

島内には、3年に1度、瀬戸内海エリアで開催される現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭」の作品が残されていて、不思議な現代アートが点在しています。猫たちと一緒に、現代アートも楽しむことができます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

morino44さん(@morino44)がシェアした投稿

むやみに猫が増え、悪影響が出ないようにするため、観光客によるエサやりは禁止されています。

香川県高松市男木町

アクセス:高松港から船で約40分

 

相島(福岡県新宮町)

相島_海と猫

画像提供:PIXTA

福岡県新宮町の沖合約8km、玄界灘に浮かぶ「相島(あいのしま)」。日本書紀や万葉集にも登場するほど歴史が深い島で、今では“猫島”として全国的に有名です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kazumi Maedaさん(@kmaeda16)がシェアした投稿

相島には、出会うと恋愛が叶うと言われている「クロイチ君」という猫がいます。黒い毛並みの首元に白いハートマークがあることから、恋愛成就ができるかもしれないと言われるようになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ヨネイッシーさん(@yonesakurajima)がシェアした投稿

相島は、2013年に発表された、アメリカCNNの“世界6大猫スポット”に選ばれました。

福岡県糟屋郡新宮町大字相島

アクセス:新宮港より船で約17分

 

最後に

全国の「猫島」として有名な7島をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。のどかな風景の中で暮らす猫たちは、島民の方の愛情が注がれ、のんびりと暮らしています。地域のマナーを守って、猫たちにも島民にも優しい癒しの旅をぜひ満喫してくださいね。

 

 

#猫島 #島猫 #癒し旅 #女子旅

RELATED