SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

アジア

【シンガポール 移住者インタビュー】都市型アイランド・シンガポールで始めた新生活とは?

2019.10.10

【シンガポール 移住者インタビュー】都市型アイランド・シンガポールで始めた新生活とは?

マレー半島の南端、赤道付近に位置する南国の都市型アイランド「シンガポール」。金融、テクノロジー、エンターテインメント、貿易など世界的なハブでもあるシンガポールには多くの日系企業が進出しています。そんなシンガポールへ転職して移住した MEGUMI さんに、シンガポールでの新生活についてお話を伺いました。

プロフィール

MEGUMIさん(DJ/Traveler)
関西の外国語大学を卒業後、就職するもいつかは海外生活をしたいと考えていた。その後、転職し今年1月からシンガポールの日系企業で働く。

 

シンガポールでの新生活

転職先が現地採用だったので、日本からスカイプで面接をさせてもらいました。採用後、ビザの準備は会社でしてもらえましたが、住居などはすべて自分で見つけました。単身者はルームシェアをするのが一般的ですが、ルームシェアの場合だと入居先によっては、キッチンを使用してはいけないなどのルールがあるので、フードコートなどでの外食が多くなると思います。私はワンルームの部屋を借りているので、基本的に食事は自炊を心がけています。

物価について
家賃やアルコールなどの嗜好品は高いですが、スーパーの野菜など生活に必要な必需品はそんなに高いと思うこともなく、バランスは取れていると思います。レストランでの外食もやはり高いですね。
現在はイースト地区という比較的家賃が低めのエリアに住んでいるのですが、コンドミニアムのスタジオタイプ(バストイレ・キッチン付、日本の1DKに相当)と呼ばれるお部屋を1,600S$(1S$=80円)で契約しています。シンガポールでは3ヵ月に1回、エアコンのメンテナンスをしなければならない義務があるのですが、業者の手配などはすべて自己負担なので、家賃とは別にプラスで費用がかかってきますね。
※家賃の目安:約3,000S$前後が相場。エリアによって変動はあるが、ルームシェアやHDB(公団)では1,000S$くらいでも借りることができる。

治安について
とても外国人に優しい国だと思います。シンガポールは小さな国ですが、ビルなど建物も多いですし、夜でも灯りがあるので治安が悪いと感じたことはないですね。

医療について
医療レベルも進んでいて、日系の病院では日本語を話すことができる先生もいるので、他の国に比べると安心して診療を受けることができるのではないかと思います。

シンガポールのおすすめスポットとは

グルメ

チャイナタウンにあるチキンライスが有名なお店が入っている、マックスウェル・フードセンターは観光客にも人気ですね。ただいつも混んでいるので、こちらに住んでいるとあまり行かないですね。

シンガポール_ラクサ_アレクサンドラビレッジフードセンター

画像:ラクサ

シンガポール_アボカドジュース屋さん_アレクサンドラビレッジフードセンター

画像:アボカドジュース屋さん_アレクサンドラビレッジフードセンター

私がおすすめするお店は、アレクサンドラビレッジフードセンターというラクサやマフィン、アボガドジュースなどがおいしいお店があって、そちらにはよく行っていますね。現地の方が多くて、観光客はあまりいないのでおすすめですよ。

ショッピング

中心街のオーチャードに行くと、ブランド品から食品までなんでも揃います。ただ、ショッピングセンターはどこに行っても、入っているお店はだいたい似ているので、生活エリア内の便利なところで買い物をすることが多いですね。少し安い買い物をしようと思えば、ブギスという東京だと原宿のような場所があって、そこではオリジナルのおしゃれなお店も多いので、私はよく行ってますよ。

ナイトスポット

シンガポール_マーキー観覧車

そうですね、おすすめは最近ニューオープンしたマーキー(MARQUEE)というナイトクラブですが、そこはクラブの中に観覧車やスライダーがあったり、マリーナベイサンズの中にあるので行きやすいです。

シンガポール_マーキーフロア

有名なDJさんなども頻繁にゲストとして呼ばれているので、気軽に楽しめるスポットですよ。

移住生活で困ったこと

まだ移住して1年目ということもあって、知らないがゆえに困ったことが2つありました。

環境面 シンガポールでは、ヘイズ(Haze/煙霧)というインドネシアの山焼きによって影響される大気汚染があるのですが、例年に比べて今年はヘイズがひどい年だったようなんです。あまり外出するべきではないレベルだったにも関わらず、知識がなかったため気にせず外出をしていたら、喉が痛くなったり目がかゆくなったり微熱が出たりと体調を崩してしまいました。

文化面 時間の約束をしていても、業者が時間通りに来てくれないのも困りましたね。日本ではあまりないことですが、平気で1時間くらい遅れて来るんです。来ないのか来るのか、このまま待っていたら来てくれるのか、当初は始めてだったので分かりませんでした。業者を手配する時は、その後のスケジュールなども考慮しなければなと思いましたね。

このような環境面や文化の違いは、海外に移住する時には事前に知っておくといいですね。

休日の生活について

現在、コンドミニアムに住んでいますが、ここにはプールが付いているので、プールサイドで本を読みながらゆっくり過ごすことが多いです。3日くらい休みが取れたら、近隣のマレーシアやインドネシアなどへ遊びに行ったりしています。

シンガポール_ビンタン島

画像:ビンタン島

シンガポール_ビンタン島サンセット

画像:ビンタン島サンセット

先日はインドネシアのビンタン島に行ってきましたが、飛行機移動よりも船で渡ることができるような離島へ行ったりもしますね。

MEGUMIさんより一言

実際にシンガポールに住んでみて、本当に住みやすい国だと感じました。英語がそこまで得意でなくても、外国人移住者へとても優しい国なので、日本の友達にもおすすめしているんです。ぜひ一度、旅行でシンガポールに来て、シンガポールの魅力を実際に知ってもらえたら嬉しいと思っています。

 

 

取材協力及び写真提供:MEGUMIさん

アイキャッチ画像提供:PIXTA

RELATED