SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

東京

感動体験をしたい!「小笠原諸島」父島・母島・硫黄島の厳選スポットをご紹介!

2019.07.05

感動体験をしたい!「小笠原諸島」父島・母島・硫黄島の厳選スポットをご紹介!

東京から南に約1,000kmの広大な太平洋に浮かぶ「小笠原諸島(おがさわらしょとう)」。南北約400kmに渡って散在する孤島群で、父島(ちちじま)、母島(ははじま)、硫黄島(いおうとう)など大小30余りの島々が含まれていますが、その中で一般の人が生活しているのは父島と母島だけで、その他の島は無人島です。今回は、父島と母島、硫黄島の感動体験ができるスポットをご紹介します。

小笠原諸島の玄関口「父島」

父島_二見港

画像提供:PIXTA

小笠原諸島の玄関口といえば「父島(ちちじま)」です。小笠原諸島の中でもアクセス良好で、回りやすい観光スポットもたくさんあります。

「大神山神社」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Toshinari Sakodaさん(@toshinari_sakoda)がシェアした投稿

大村地区にある「大神山神社(おおかみやまじんじゃ)」は、1593年に創建された小笠原諸島唯一の神社です。天照大神(あまてらすおおみかみ)が祀られ、厄除けや開運にご利益があるとされています。父島のパワースポットで、宮司さんがいる時にしか手に入らない御朱印をゲットして、まずは旅の安全祈願をしましょう。「大神山神社」にある展望台からは、二見港を一望でき、父島の景色を楽しんでくださいね。

大神山神社

東京都小笠原村父島字東町105

アクセス:二見港から車で約5分

 

「千尋岩」

 

この投稿をInstagramで見る

 

@choroppe0110がシェアした投稿

赤褐色の岩山「千尋岩(ちひろいわ)」は、海から眺めるとハート型に見えることから“ハートロック”と呼ばれています。貴重な生き物や植物を保護している区域のため、ガイドさんの同行がないと行くことができません。

※「陸で遊ぶ」→「森・山のガイド」から閲覧ができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

@chidori_musyaがシェアした投稿

山頂からは「南島」や「ジニービーチ」を望め、遠くでイルカがジャンプをすることもあるようなので、もし見ることができたらラッキーですね。

千尋岩

東京都小笠原村父島西海岸

アクセス:二見港から麓まで車で約15分

 

「大村海岸」

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuki.gourmandさん(@yuki.gourmand)がシェアした投稿

街の中心に位置している「大村海岸」は、波が穏やかで島民も利用しているビーチです。シャワーと更衣室があるので、安心してビーチを楽しむことができますね。砂浜で珊瑚やきれいなシーグラス、貝殻を拾ったり、“ボニンブルー”と呼ばれている海をぼんやりと眺めたりと、癒しのひとときを過ごしてみてはいかがですか。

大村海岸

東京都小笠原村父島西町

アクセス:二見港から車で約3分

 

「小笠原海洋センター」

 

この投稿をInstagramで見る

 

小笠原海洋センターさん(@ogasawara_marine_centre)がシェアした投稿

小笠原の歴史やウミガメの生態を見ることができる展示館や、たくさんの水槽に入ったウミガメを見ることができる「小笠原海洋センター」は、アオウミガメの生存率を上げるために育成プログラムを行っています。父島はウミガメの保護に力を入れていることで知られ、センター内にはウミガメがたくさんいます。水槽越しではなく、間近で可愛いウミガメの姿を覗いてみてはいかがですか。

小笠原海洋センター

東京都小笠原村父島字屏風谷

アクセス:二見港から車で約5分

 

「三日月山展望台」

 

この投稿をInstagramで見る

 

yuri matsushitaさん(@yuri120753)がシェアした投稿

父島の西側の海岸を一望することができる「三日月山展望台」は、見晴らしの良さが父島でもトップレベルとされ、運が良ければクジラやイルカを見ることができます。ここは、美しい夕日を見ることができるため、観光客はもちろん地元の方も集まる人気の夕日スポットです。太陽が海に沈む瞬間に、太陽と海の境目がグリーン色に光る現象「グリーンフラッシュ」を狙って、訪れてみてはいかがですか。

三日月山展望台

東京都小笠原村父島宮之浜道

アクセス:二見港から麓まで車で約5分

 

動植物や絶景を楽しめる「母島」

ここでしか見ることができない生き物や植物が生息している「母島(ははじま)」は、父島とは違った楽しみ方があります。小笠原諸島を訪れるなら、ぜひ母島にも足を運んでみてくださいね。

「ホエールウォッチング」

母島_ホエールウォッチング

画像提供:PIXTA

大きな体でダイナミックにジャンプをする迫力満点のクジラたちに会いに行ってみませんか。体長15mものザトウクジラには、ベストシーズンの2~4月、潜水のチャンピオンと言われるマッコウクジラには、ベストシーズンの5~11月に出会うことができます。また、クジラだけではなくイルカには一年中、出会うことができますよ。

 

より近くでクジラやイルカに会いたい方は、やはりホエールウォッチングの専門船に乗ることをおすすめします。半日コースや1日コースがあるので、予約は各ツアー会社に問い合わせてみてくださいね。

「乳房山」

母島_乳房山頂上

画像提供:PIXTA

標高463mの「乳房山(ちぶさやま)」は、人気のトレッキングスポットで、登山口から往復約4時間程度のルートです。特別天然記念物のメグロや巨大なガジュマル、木生シダなど珍しい動植物を見ることができます。頂上の見晴台からは、大崩湾の絶景を眺められますよ。

乳房山

東京都小笠原村母島西浦

アクセス:沖港から車で約7分

 

「北港」

母島_北港

画像提供:PIXTA

戦前まで北村という集落があり、当時使われていたコンクリートの桟橋が残っている「北港」は、泳いでいると、アオウミガメに出会えることもあります。

北港

東京都小笠原村母島衣舘

アクセス:沖港から車で約20分

 

太平洋戦争の激戦地「硫黄島」

周遊クルージング

現在、一般の人が観光で訪れることができない「硫黄島(いおうとう)」は、周囲を周遊船で海上から眺めるクルーズのみです。船上からでも当時の艦砲射撃の激しさを感じることができます。年に一度だけの貴重な体験を、ぜひ間近で体感してみませんか。

 

 

最後に

他の離島では味わえない、感動がきっと待っている小笠原諸島。長期休暇を得て、さっそく出かけてみてはいかがでしょうか。小笠原諸島で、きっと次に感動するのは、あなたの番ですよ。

 

 

#御朱印 #絶景 #夕日 #アクティビティ #太平洋戦争 #世界遺産

RELATED