SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

長崎

壱岐島:離島留学「いきっこ留学制度」~学校と地域の活性化を。~

2021.02.18

壱岐島:離島留学「いきっこ留学制度」~学校と地域の活性化を。~

玄界灘に位置する壱岐。ここは自然豊かで四季を通じて多くの人が訪れる島です。
長崎県壱岐市。長崎空港から飛行機で30分、福岡からも高速艇で1時間少々のところにあり、138km²の島に約2万6千人が暮らしています。
この島が、小中学生の留学を受け入れ始めたのは2018年からです。

壱岐島_「いきっこ留学制度」

2020年度 壱岐市いきっこ留学生入学式

壱岐市 いきっこ留学制度運営委員会
事務局:壱岐市教育委員会 教育総務課
令和3年度 壱岐市いきっこ留学は、令和3年4月1日から令和4年3月31日まで1年間(継続可能:1年更新)
詳細はこちら



離島留学制度の目的

教育振興並びに学校及び地域の活性化を図る
少子高齢化が進む中、国境離島法制定を機に島外との交流を一層図ることにより、複式学級の解消及び部活動等の充実に繋がり地域の重要な拠点である学校からの活性化に繋げることが重要です。離島留学生の更なる交流人口拡大に繋げることを目的に平成30年より、小中学生を対象とした「壱岐市いきっこ留学制度」を創設し、市内の小中学校に入学または転学を希望する児童及び生徒を受け入れ、教育振興並びに学校及び地域の活性化をはかります。

留学のメリット

自然豊かな壱岐島で、新たな自分を発見!
自然豊かな島で、のびのびと育血、生きる力が身に付く。島の子どもたちとの交流や島の文化・風土を知り、視野が広がる。環境を変えることで、新たな自分の発見や強さが身につく。
少人数の学級の場合は、先生の目が行き届き、子供としっかりコミュニケーションの取れた教育が受けられる(学校・学級によります)などです。

実施内容

壱岐市いきっこ留学には3つのタイプがあります。

壱岐島_「いきっこ留学制度」

⑴「里親留学」…留学生が里親の下から市内の小・中学校へ通学するタイプ
⑵「孫戻し留学」…留学生が祖父母等の下から市内の小・中学校へ通学するタイプ
⑶「親子留学」…新規転入の親子で、留学生が市内の小・中学校へ通学するタイプ

壱岐島_「いきっこ留学制度」

IT授業も進んでいます

壱岐市いきっこ留学の募集対象者は小・中学生
新年度4月1日から壱岐市内の小・中学校に入学または転学する小学1年生から中学3年生までの児童及び生徒

受入対象校:原則、住所地を置く校区の小中学校(小学校18校、中学校4校)
募集人員:若干名
申込み方法:申込み様式は壱岐市ホームページ又は定住促進サイト「いきしまぐらし」からダウンロードし、必要事項記入の上、事務局へ郵送することで受付となります。
募集:令和3年度の募集は令和2年10月16日で一旦終了しましたのが、留学を希望される場合は、ご家庭の状況等をお聞かせいただき、その都度判断しますのでお問い合わせ下さい。また、令和4年度の募集期間は、令和3年8月から10月の予定ですので「壱岐市ホームページ」「いきしまぐらし」のホームページのご確認を続けてお願いいたします。

留学に係る経費及び補助金(一人あたり)
●学校給食費、PTA会費、学校教材費、医療費、学用品費、医療費、通信費、遠足・旅行経費、部活動費及びその他留学生に係る経費は、実親負担となります。
●「里親留学」は、その他の経費について、実親と里親が協議の上、概算で預かり別途精算となります。

よくある質問について

全般について

Q)転学する学校はどうやって決まるの?
A)原則、転居先住所の校区で決定します。

Q)次年度以降も継続したいのですが?
A)制度運営委員会の決定を経て継続することが可能です。

Q)移住費用支援補助は受けられないの?
A)移住費用支援補助金の補助対象は親子留学に限ります。

里親留学について

Q)里親はどうやって決まるの?
A)里親さんは運営委員会の公募によって募集し、その後、運営委員会が決定します。

孫戻し留学について

Q)ホームステイ先は祖父母以外でもいいの?
A)祖父母以外にも叔父叔母など親戚の方の家庭であれば可能です。

親子留学について

Q)親子留学の、転勤等の仕事の都合で、壱岐に来ることになったけど、対象になるの? また、お父さん(又はお母さん)は壱岐出身だけど、対象になるの?
A)公務員の方と、壱岐市内外に事業所があり、事業所間での転勤、Uターン者を含む親子は対象となりません。

Q)両親必ず一緒に移住しないといけないの?
A)必ずしも両親一緒でないといけないという事はありません。そのご家庭の状況に応じてご相談ください。

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED