SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

ヨーロッパ

シチリア島から行ける離島5選!地中海に浮かぶ島々の行き方や魅力とは?

2020.02.04

シチリア島から行ける離島5選!地中海に浮かぶ島々の行き方や魅力とは?

地中海に浮かぶ、イタリアの人気観光地「シチリア」。シチリア島とその周辺離島からなる自治州・シチリアには、魅力的な島々がたくさんあります。今回はシチリア島からアクセスが可能なおすすめ離島5選をご紹介します。行き方や異なる魅力を参考に、ぜひ島旅を楽しんでくださいね。

ダイビングの名所「ウスティカ島」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Marina Tricoli(@maritric3)がシェアした投稿

シチリア島の最大都市パレルモの沖に浮かぶ、周囲約12kmの小さな離島「ウスティカ島(Ustica)」。港付近の集落にはレストランやカフェ、ホテルなどが点々とあります。島の周辺海域は、海洋自然保護区に指定され、スキューバダイビングの名所としても知られています。島内にいくつかのダイビングセンターがあるので、島内でスキューバダイビングを申し込むことが可能です。初心者向けのインストラクターが付いているコースなどもあるので、安心して体験することができますよ。

Lustrica Diving Center

P55W+H8 ウスティカ, イタリア Province of Palermo

公式ホームページ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Annalisa 🌈🌺(@annalisa_c79)がシェアした投稿

ウスティカ島の西側にある入り江「カーラ・シドーティ(Cala Sidoti)」は、整備されていない岩に囲まれた自然のビーチを満喫することができ、港町とは異なる絶景ポイントです。カフェなどの休憩スポットが少ないため、予めスーパーなどで飲み物などは準備して出かけると良いでしょう。

Cala Sidoti(カーラ・シドーティ)

90010 Ustica Province of Palermo, イタリア

 

ウスティカ島への行き方

ウスティカ島へは、シチリア島の州都パレルモ港からの航路しかありません。パレルモから行くことができる有人島では最も近く、朝便で出航すれば日帰りでも観光することが可能です。

ヨーロッパ人気のバカンス地「ファヴィニャーナ島」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tomo M.(@nomocchi)がシェアした投稿

シチリア島の東に浮かぶ「ファヴィニャーナ島(Isola di Favignana)」。島の面積が約37km²と徒歩での周遊は難しいので、港に着くとレンタサイクルやレンタカーなどを借りることをおすすめします。島時間でゆっくりとめぐるのであれば、訪れたいポイントを絞ってレンタサイクルで周遊してみてはいかがでしょうか。ヨーロッパ中からの観光客が訪れているため、港付近にはレストランやホテルなどの観光施設も充実しています。

Noleggio Maria Laura(レンタル・マリア・ローラ)

strada comunale cimitero, 91023 Favignana TP, イタリア

公式ホームページ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

EarthPhotography(@earthp2018)がシェアした投稿

透明度の高いブルーの海は、ファヴィニャーナ島の絶景ポイントです。島内にはイタリア語で入り江の意味のカーラ(Cala)がたくさんあり、それぞれに異なる景観を楽しむことができます。透明度が高く、人気の景勝地「カーラ・ロッサ(Cala Rossa)」など、あなたのお気に入りカーラを見つける楽しみもありますね。他にも島のシンボル「サンタ・カテリーナ山(Castello di Santa Caterina)」など、見どころがたくさんあるので、せっかく来たのなら島内泊をして時間を気にせずに周ってみてはいかがでしょうか。

Cala Rossa(カーラ・ロッサ)

91023 Favignana, Province of Trapani, イタリア

 

ファヴィニャーナ島への行き方

ファヴィニャーナ島へは、シチリア島西部の都市トラパニ(Trapani)の港から航路があります。船の便数も多く、所要時間も約40分とアクセスしやすい離島です。また、この港からはマレッティモ島(Marettimo)やレヴァンツォ島(Isola di Lèvanzo)などのエーガディ諸島(Isole Egadi)の島々への航路もあり、便利な港です。

街並みが美しいリゾート「リパリ島」

リパリ島_街並み

画像提供:PIXTA

7つの島々からなるエオリエ諸島(Isole Eolie)の主要島「リパリ島(Lipari)」。エオリエ諸島のそれぞれが火山島で、火山活動の研究は地質学研究への貢献が高く、世界自然遺産にも登録されています。島内にある「エオリエ考古学博物館(Museo Archeologico Eoliano)」では、エオリエ諸島の火山や暮らしの歴史を学ぶことができ、また、自然遺産ならではの火山活動や海岸線などの自然美はもちろん、港付近の美しい街並みも魅力です。

Museo Archeologico Eoliano(エオリエ考古学博物館)

Via Castello, 2, 98050 Lipari ME, イタリア

公式ホームページ

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

Eolie In Foto / rita.ilciuffo(@eolie_in_foto)がシェアした投稿

ホテルやレストランなどが充実しているため、エオリエ諸島をめぐる拠点の島としてもおすすめです。ぜひリパリ島に滞在し、ヴルカノ島(Vulcano)などの近隣の島々まで訪れてみるのも良いでしょう。

リパリ島への行き方

リパリ島へは、ナポリ、ミラッツォ(Milazzo)、メッシーナ(Messina)からの航路があります。空路ではヘリのみなので、フェリーか高速船で渡るのが一般的です。ミラッツォからは冬でも1日14便ほど出航しているので、ミラッツォまでの道のりが大変ですが、リパリ島への航路が最も多い港です。

船が浮いて見えるほど透明な海「ランペドゥーザ島」

 

この投稿をInstagramで見る

 

sHiNny.B(@shinny.b)がシェアした投稿

シチリア島の南沖に浮かぶ、イタリア最南端の有人島「ランペドゥーザ島(Lampedusa)」。何と言っても見どころは、船が浮いて見えるほどの透明度が高く美しい海です。島の中心街から西へ約5.5kmほどの場所にあるビーチ「スピアッジャ・デイ・コニリ(Spiaggia dei Conigli)」は、ハイシーズンには海水浴客で賑わう人気のスポットです。海岸沿いのいたる所には絶景ポイントがあり、船が浮いて見えるスポットもたくさんありますよ。天候によっては絶景を逃してしまうこともあるので、天候や滞在期間は事前に確認しておくと良いでしょう。比較的に6月~9月は雨が少ないベストシーズンです。ぜひお気に入りの絶景ポイントを見つけてくださいね。

Spiaggia dei Conigli(スピアッジャ・デイ・コニリ)

イタリア 〒92010 アグリジェント県 ランペドゥーザ・エ・リノーザ

 

ランペドゥーザ島への行き方

ランペドゥーザ島へは、シチリア島のパルレモとカターニアからの空路、またはポルト・エンペードクレ(Porto Empedocle)からの航路があります。ランペドゥーザ島はシチリア島から遠く離れているため、航路では時間もかかり、ポルト・エンペードクレまでの道のりも大変です。ハイシーズンなどの時期によってはローマからの便もありますが、年中定期便が出航しているパレルモ経由の空路がおすすめです。

天然温泉とワインを楽しむ「パンテレリア島」

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oriana(@orianuccia91)がシェアした投稿

シチリア島とアフリカ大陸のチュニジアとの間に浮かぶ、面積約80km²でシチリアの離島の中で最大の「パンテレリア島(Pantellerìa)」。火山島ならではの自然を満喫できるイーゾラ・ディ・パンテッレリーア国立公園(Parco Nazionale Isola di Pantelleria)内の「ヴァネレ湖(Lago di Venere)」と天然の洞窟温泉「サタリアの洞窟(Grotta di Sataria)」が魅力です。

Lago Di Venere(ヴァネレ湖)

Contrada Zinedi, 91017, Pantelleria TP, イタリア

 

Grotta di Sataria(サタリアの洞窟)

Str. Perimetrale, 146, 91017 Pantelleria TP, イタリア

 

島内にはいくつかのワイナリーが点在し、地産のぶどうで作られたワインも有名です。日本では温泉と日本酒が定番ですが、イタリア最西端にある火山島で温泉とワインを楽しんでみるのも粋ではないでしょうか。

パンテレリア島への行き方

パンテレリア島へは、トラパニ(Trapani)からの航路、またはパレルモからの空路があります。シチリア島西部の都市トラパニは、シチリア島の人気観光地でもあるので、時間に余裕があるのであればトラパニから船で渡るのも良いですが、移動時間を短縮したい方にはパレルモからの空路をおすすめします。

まとめ

シチリアにはご紹介しきれないほどの島々が他にもたくさんあります。シチリアの離島を船でめぐりたい方には、今回こちらでご紹介したすべての離島にアクセスすることが可能な航路を持っているフェリー会社Liberty LinesのHPをおすすめします。ぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

今回の記事では、あくまでも時間をかけての周遊をおすすめしています。短時間で観光スポットを訪れたい方は、日本を出発前にツアーやパックで申し込むと良いでしょう。

では、シチリア離島の島旅をお楽しみください♪

 

 

#イタリア 離島 観光 #イタリア 離島 おすすめ #イタリア 離島 人気

RELATED