SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

ヨーロッパ

あなたは日帰りツアーだけで満足できる!?イタリア「カプリ島」を大満喫の旅♪

2019.06.27

あなたは日帰りツアーだけで満足できる!?イタリア「カプリ島」を大満喫の旅♪

イタリア・ナポリの南、約30kmに位置する青の洞窟で有名な「カプリ島」。島の周囲は約17kmと小さな島です。標高589mのソラーロ山や標高515mのカッペッロ山などがあり、島全体は坂道が多く、その坂道にはオシャレなホテルやレストラン、民家などが建ち並んでいます。カプリ島へは日帰りツアーも人気ですが、今回はツアー参加だけではもったいない、カプリ島での自由な楽しみ方をご紹介します。

カプリ島への行き方

ナポリ港またはソレント港から船でカプリ島へ渡ることができます。ナポリはローマ、ミラノに次ぐイタリア第三の都市のため、ナポリを拠点にカプリ島へ行くのがおすすめです。ナポリの旧市街からほど近いモロ・ベヴェレッロ港から、高速船またはフェリーが1時間に1~2本出航しているので、事前に出航時間と料金を確認しておくと良いでしょう。

 

マリーナ・グランデ(Marina Grande)

カプリ島_マリーナグランデ

画像提供:PIXTA

ナポリやソレントからの客船が発着するカプリ島で唯一の商港です。港付近にはレストランやお土産店がたくさん並び、カプリ島名産のレモン酒「リモンチェッロ」がかわいいボトルに入って、店先に並んでいます。到着後の食事や出発前のショッピングなど、街ぶらしてみてはいかがでしょうか。

青の洞窟(Grotta Azzurra)

カプリ島_青の洞窟

画像提供:PIXTA

やはりカプリ島は、「青の洞窟」と言えるほど日本人にも人気の観光地です。狭い洞窟の入口をくぐった先には、幻想的な青く光る海が広がり、船頭さんの歌うサンタルチアは洞窟内に響いて、とても素敵な空間になります。また、洞窟内には波が穏やかな時にしか入ることができないため、運を味方につけなければなりません。夏季は入場できる確率が高いとされているので、6月~8月がベストシーズンです。

ウンベルト一世広場(Piazza Umberto I)

カプリ島_ウンベルト1世広場

画像提供:PIXTA

マリーナ・グランデからケーブルカーに乗って約5分で着く「ウンベルト一世広場」は、周辺にオシャレなカフェやレストラン、お土産店が多数あります。また、広場の時計台は、カプリ島のシンボルとされています。カプリ島の中心部は、車では通ることができない小道になっているので、ゆっくりと絶景鑑賞やショッピングを楽しめますよ。

ソラーロ山(Monte Solaro)

 

この投稿をInstagramで見る

 

𝓢𝓪𝓻𝓪𝓱 🇨🇦さん(@sarahlee.ca)がシェアした投稿

標高589mのカプリ島で最も高い山「モンテ・ソラーロ」は、展望台までチェアーリフトで登ることができ、登山が苦手な方にも安心です。リフトから眺める絶景も最高ですが、頂上まで登ると、ナポリ湾を見渡せる大パノラマが広がっています。また、頂上にはカフェもあり、絶景を眺めながらホッと一息つくこともできます。

ファラオーニの岩礁(Faraglioni)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Prune Aubertさん(@pruneaubert)がシェアした投稿

日本ではカプリ島と言えば青の洞窟が人気ですが、Instagramで#capriと調べると、多くの欧米人が投稿をしている人気スポットの「ファラオーニの岩礁」です。岩でできた円形のアーチの中を、船でくぐることができます。

カプリ島のグルメ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nikola Uzunovskiさん(@nikolauzunovski)がシェアした投稿

離島ならではのシーフードがたっぷりのイタリアンを味わえるレストランが、カプリ島にはたくさんあります。今回はカプリ島のおすすめグルメの中から、2019年6月23日放送の「おしゃれイズム」でも紹介された、島の特産「レモン」を使った料理が人気のレストラン「Pulalli」をおすすめします。「レモンとマグロのタルタル」や「レモン風味のリゾット」など珍しいレモン料理を堪能することができますよ。

まとめ

のどかな雰囲気の中にもイタリアのオシャレな街並みを感じることができるカプリ島は、他のイタリア都市とは異なる魅力がたくさんあります。せっかく行くのならツアーで日帰りではなく、時間をかけてゆっくりとカプリ島を満喫してみませんか。

 

 

#ハイキング #トレッキング #インスタ映え #フォトジェニック

 

RELATED