SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

ヨーロッパ

地中海の美しい島「マルタ島&コミノ島&ゴゾ島」。人気の観光スポット12選

2019.10.29

地中海の美しい島「マルタ島&コミノ島&ゴゾ島」。人気の観光スポット12選

イタリアのシチリア島から、さらに南に浮かぶ小さな島国「マルタ共和国」。人口約40万人ほどの小さな国でありながら複数の世界遺産があり、地中海の温暖な気候や海の幸にも恵まれた人気の観光地です。今回は、マルタ共和国を構成する「マルタ島」「コミノ島」「ゴゾ島」の3島を一気にご紹介します。

マルタの玄関口・マルタ島

首都バレッタがあるマルタ共和国の経済の中心地「マルタ島」。歴史や異文化を体験でき、複数の世界遺産など観光スポットも多いマルタ島は、観光、留学ともに人気が増している国でもあります。バレッタから約9kmのセントジュリアンズでは、ヒルトンやインターコンチネンタルなどの高級ホテルが建ち並び、バーやカジノなどのナイトスポットも充実している、マルタ共和国の観光拠点としても人気の地域です。

世界遺産の城塞都市バレッタ

マルタ バレッタ 城塞都市

画像提供:PIXTA

マルタ共和国の首都であるバレッタは、バロック建築や近代建築など多様な建築様式が見られ、街全体が世界遺産になっています。

マルタ島_聖ヨハネ大聖堂

画像提供:PIXTA

騎士団がキリストの洗礼者聖ヨハネを称えるために建てたとされる「聖ヨハネ大聖堂」など、バレッタ市街では有名な観光スポットです。バロック風の美しく豪華な内観が見どころです。

マルタの巨石神殿群

 

この投稿をInstagramで見る

 

H I R O(@ritraberi)がシェアした投稿

マルタでは、約6,000年前に造られたとされる巨石神殿群が約30基以上も確認されていて、そのほとんどがマルタ島に存在しています。そんな巨石神殿群の中でもハジャーイム神殿とイムナイドラ神殿は、保存状態が良いことで知られ、一見大きな石が転がっているように見えますが、近付いて行くと巨石で組まれた門や壁を確認することができます。

インスタ映えの街並み!ポパイ村

マルタ島_ポパイ村

画像提供:PIXTA

SNSでもよく見かける、街並みがかわいいテーマパーク「ポパイ村」では、ポパイやオリーブなどのキャラクターたちが園内を歩いています。実写版「ポパイ」が撮影された場所でもあり、夏にはビーチアクティビティーを楽しむこともできます。マルタ島でぜひ、ポパイの世界観を体験してみてはいかがでしょうか。

美しい景観!青の洞門

マルタ島_青の洞門

画像提供:PIXTA

マルタ島の絶景スポット「青の洞門」は、丘の上から見た景色が圧巻です。また、ボートに乗ると、洞門の隙間から光が差し込み、きれいな青色に輝く海を遊覧することもできます。遊覧をするのであれば、西日が差し込む午前中がおすすめです。

マルタ島の島猫はまるで貴族の猫

マルタ島_ラバトの街角にたたずむ猫

画像提供:PIXTA

マルタ島は世界の猫島としても有名です。世界遺産の街並みに溶け込んだマルタ島に住む猫たちは、まるで貴族の猫のように優雅で凛としています。日本の離島でも人気の島猫たちですが、マルタの異国文化の中ではまた違った表情に触れることができるのではないでしょうか。

青く透明度の高い海・コミノ島

ゴゾ島とマルタ島の間にある、面積3.5km²の小さな島「コミノ島」。定住しているのは、コミノホテルを経営している家族のみとされ、野鳥と自然の保護区となっています。

船が浮いて見える美しい海!ブルーラグーン

コミノ島_ビーチ

画像提供:PIXTA

コミノ島の見どころ「ブルーラグーン」では、船が宙に浮いているかのように見える、非常に透明度の高いきれいな海を見ることができます。ブルーラグーンの周辺には、トイレやシャワーが整備されているので、夏には海水浴やシュノーケルを楽しむ観光客がたくさん訪れています。

風情ある街並みや遺跡を巡る・ゴゾ島

マルタ共和国の中で、マルタ島に次ぐ面積がある島「ゴゾ島」。島のほぼ中心に位置する都市ヴィクトリアにはレストラン、スーパーや病院などがあり、島の経済の中心地となっています。そんなゴゾ島にも、穴場のビーチや歴史的建造物などたくさんの見どころがあります。

丘の上の要塞チタデル

 

この投稿をInstagramで見る

 

手毬花(@temari_bana)がシェアした投稿

ゴゾ島の主要都市ヴィクトリアの丘の上にある要塞「チタデル」は、城壁の中に大聖堂や博物館、カフェなどがあり、多くの観光客が訪れています。また、ヴィクトリアの街並みを見渡せる絶景スポットもあり、ゴゾ島に来たら、ぜひ散策したいおすすめの観光スポットです。

天然の塩田!ソルトパン

 

この投稿をInstagramで見る

 

SHION(@asterstar818)がシェアした投稿

350年もの歴史がある天然の塩田「ソルトパン」。塩田に干満の差で流れ込んできた海水を太陽光で乾燥させて作り出す天然の塩は、ゴゾ島の特産品でお土産としても人気です。四角く区切られた塩田の脇は歩くこともできるため、天然の塩田と海をバックにして写真スポットにもなっています。

赤い砂のビーチ!ラムラ湾

 

この投稿をInstagramで見る

 

Hassy(@ysssaaah)がシェアした投稿

赤みを帯びた色の砂浜が湾沿いに続く、ゴゾ島の穴場ビーチ「ラムラ湾」。ビーチを見下ろすことができる高台にはカリプソの洞窟があります。落石によって洞窟内には立ち入り禁止となっていますが、高台からラムラ湾の絶景を望むことができます。

ジュガンティーヤ神殿

 

この投稿をInstagramで見る

 

lepre(@sereno_mij)がシェアした投稿

マルタに存在する巨石神殿群の中では最古と言われる「ジュガンティーヤ神殿」は、マルタ語で「巨人の塔」という意味で、全長6m、重さ約20tの巨大な石で建造されています。まるで「進撃の巨人」の世界に舞い降りたような感覚を味わえることでしょう。

奇跡の教会「タ・ピーヌ聖堂」

ゴゾ島_タ・ピーヌ教会

画像提供:PIXTA

「タ・ピーヌ聖堂」は、かつて教会の近くを通りかかった農婦が、聖母の声を聞いた後に人々の病気を治したとされることから「奇跡の教会」と呼ばれています。教会内には、命を救われたなどの感謝する手紙が壁を埋め尽くしています。

自然の力を感じる景観!アズールウィンドウ

 

この投稿をInstagramで見る

 

mizue(@mmiiizzuu)がシェアした投稿

波の風化によってできたアーチ状の岩石「アズール・ウィンドウ」では、絶景を見ることができていましたが、2017年3月の強風と高波によって崩壊してしまいました。かつての絶景は見られませんが、崩壊後も過去の景観を懐かしむ方など観光客が絶えないスポットです。訪れたらきっと、自然の力で変わっていく生きた地球を身近に感じることができるでしょう。

最後に

マルタ共和国は小さな島国ですが、歴史・文化・食・ナイトスポットまで楽しむことができます。冬の波が高い日には、遊覧船やクルージングなどが欠航することもあるため5月~10月ごろの観光がおすすめですよ。

 

 

#マルタ観光 #世界文化遺産 #マルタ騎士団の歴史 #ウォーキング #歴史散策

RELATED