SNS

I live with the island and stay with the island

SEARCH詳細検索

SEARCH

CLOSE

オセアニア

【ポンペイ島】いのちの水が叶える山と海と虹の楽園で体験するアクティビティ

2023.03.22

【ポンペイ島】いのちの水が叶える山と海と虹の楽園で体験するアクティビティ

探検家、自然愛好家、ダイバー、そしてサーファーまで、どんなスタイルの旅人も受け入れ楽しませてくれるのがミクロネシア連邦「ポンペイ島」。ダイビング、シュノーケリング、カヤッキング、フィッシング、サーフィン、無人島での海あそび、そしてハイキング、世界遺産巡り、滝巡り、ローカルグルメツアーといった山と陸遊びの両方とも高いクオリティで揃っています。今回はミクロネシア連邦の首都が置かれている「ポンペイ島」の見どころや楽しみたい数々のアクティビティ、行き方についてご紹介します。

#ミクロネシア 離島 #ポンペイ島 観光 #観光スポット #アクティビティ
文章・画像提供:ミクロネシア連邦大使館
編集:りとふる編集部



【見どころ】
ポンペイとはポンペイ語で「石積み(pehi)の上に(pohn)」という意味があります。ミクロネシア連邦の首都パリキールがあるポンペイ島は直径約20km。エメラルドグリーンの海に囲まれ、その花の多さと美しさから“太平洋の花園”とも称されます。ミクロネシア連邦で最も標高が高く、世界でも有数の降雨量の多さのため、小さな島ながら40以上もの川があり、豊かな熱帯雨林の緑を育んでいます。

ミクロネシア連邦ポンペイ島_LG0395

そして、もう1つの魅力が美しい海。マングローブに囲まれた島の入り組んだ海岸線が複雑に絡み合って無数の水流を作りだし、広大なラグーンに栄養素を運び込んでいます。この環境が海洋生物を引き寄せ、ミクロネシア有数の豊かな海を作りだしています。マンタ、バラクーダやギンガメアジの群れ、そしてかわいい熱帯魚とバラエティに富んだ海洋生物にも出会うことができます。

【マイナスイオン溢れるパワースポット】
小さな島ながら多くの滝があるポンペイ島。滝のマイナスイオンシャワー効果あふれるパワースポットで、日々のストレスを癒しましょう。

●ケプロイの滝

ミクロネシア連邦ポンペイ島_ケプロイの滝_LG0395

40以上もの滝があるポンペイ島の代表的な滝で、最もダイナミックな景観を楽しむことができます。距離的に近いのでナンマドール遺跡とセットで訪れたいスポットです。島内を1周する道路から川沿いへジャングルに入って行くと、水量の豊かな滝が現れます。高さ20mほどの玄武岩の岩肌に、豪快にしぶきを上げながら落ちる姿は涼しげで美しいです。滝つぼは天然のプールになっていて、淡水魚も泳いでいます。時間があればのんびり半日ほどマイナスイオンたっぷりの滝で遊ぶのも良いでしょう。

●パーンチャカイの滝

ミクロネシア連邦ポンペイ島_パーンチャカイの滝_LG0395

パーンチャカイの滝と洞窟は、熱帯雨林のジャングルを30分ほどハイキングしたところにあります。その滝への道のりは獣道のようなところを登ったり下ったりと結構険しいです。滝は50mほどの高さがあり、洞窟は300mの広さがあります。洞窟は滝の真裏にあり、戦跡へと繋がっています。ポンペイ語で「岩の下」という意味のパーチャカイの滝はとても魅惑的。滝に着くまでの苦労が報われるほどの大自然の迫力に圧倒されてしまいます。

【太平洋の花園でフラワーウォッチング】

ミクロネシア連邦ポンペイ島_LG0395

“太平洋の花園”と呼ばれたポンペイを実感するフラワーウォッチングを楽しむのに特別なツアーはいりません。1歩ホテルを出て歩き始めると600種を超える樹木を始め、たくさんの熱帯性潅木や咲き誇る花たちに出会うことができます。ランの原種をはじめ香港ラン、ハイビスカス、鉄木、ユーカリ樹、ホンジュラス・マホガニー、パパイア、バナナ、ココナッツおよびプルメリアの木などバラエティ豊かな熱帯性植物をどこでも見ることができます。

【サカウ・バーに行ってみよう】
たくさんの人で混んでいるのにとても静かなバーを見つけたらそこがサカウ・バーです。サカウは鎮静作用がある飲み物なので酒と反対にワイワイとはならず、普段よりも静かになります。コショウ科に属する木の根を玄武岩の上で叩いて潰し、水に浸してハイビスカスの茎の皮で包んで絞るとできあがり。本来、儀式として大切な行事や祭りで使用される宗教的な重要性を持つ飲み物でしたが、現在では多くの人が日常的に飲んでいます。アルコール成分は入っていませんが麻酔性があるので、気分が気持ちよく沈むような神秘的な体験をすることができます。ポンペイには多くのサカウ・バーがあるので一度試してみるのも一興。でもお腹を壊さないように気をつけてくださいね。

【サーファー憧れの目的地】

ミクロネシア連邦ポンペイ島_サーフィン_LG0395

ポンペイ島にあるサーフキャンプPohnpei Surf ClubはSurfer Magazineの世界のベストサーフキャンプにも選ばれたことがあるサーファーなら絶対1度は行きたいサーフトリップの目的地です。この島ではプロのサーファーが納得するパーフェクトな波を楽しむことができます。雑誌やDVDなどの撮影ロケ地としても有名で、日本のサーファーも中級者以上を中心に毎年ポンペイ詣をする熱狂的なサーファーもいるほどです。

ミクロネシア連邦ポンペイ島_LG0395

シーズンが始まるとハワイのノースショアからサーファーが来るというのが何よりもここの波の良さを表しています。そのクリアな海水はとても美しく、サーファー気分を高めてくれる垂涎の良波ばかり。膝をたたむことなく立ったまま美しいチューブライディングをメイクする姿は、サーファーなら誰もが憧れます。

【ミクロネシア有数の豊かな海でダイビング】

ミクロネシア連邦ポンペイ島_LG0395

ポンペイはダイビングもすごいです。ポンペイ島の周囲はマングローブ林で覆われ、栄養豊かな海が育まれており、夏場のバラクーダを始め回遊魚などの魚影の濃さは、ミクロネシア随一。手つかずのサンゴに群れるリーフフィッシュ、バラクーダやギンガメアジの群れなどに高確率で出会えます。

【行き方】
ユナイテッド航空を使ってグアムからチュークを経由して約2時間30分でポンペイに着きます。

ポンペイ島

公式ホームページ(ミクロネシア連邦大使館)

 

 

RELATED