SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

北アメリカ

北マリアナ諸島とは?「サイパン島」「テニアン島」「ロタ島」の観光スポット!

2021.05.20

北マリアナ諸島とは?「サイパン島」「テニアン島」「ロタ島」の観光スポット!

サイパン島やテニアン島、ロタ島などの14の島からなる「北マリアナ諸島」。かつては年間15万人以上もの日本人が訪れていた人気のリゾート観光地のサイパン島は、現在では日本人観光客のリゾート地の多様化が進み、韓国人旅行客や中国人旅行客の方が多く訪れています。ここではサイパン島を含む北マリアナ諸島の主要3島の魅力をご紹介します。

#ミクロネシア #グアム周辺離島 #サイパンマラソン #ゴルフ
アイキャッチ画像提供:PIXTA
2019年3月23日現在の記事
2021年5月6日再編集



北マリアナ諸島について

サイパン島、テニアン島、ロタ島の有人島といくつもの無人島からなる「北マリアナ諸島」は、手つかずの自然を満喫できるリゾートアイランドです。サイパン島にあるススペが主都なのですが、北マリアナ諸島最大の都市はガラパンです。
北マリアナ諸島は太平洋戦争時の史跡、古代チャモロ人の遺跡などの歴史、文化を楽しめる他、ゴルフやマリンスポーツ、バギーなど数多くのスポーツアクティビティを楽しむことができるリゾート&ネイチャーアイランドです。

北マリアナ諸島へのアクセス

日本からサイパン島へのアクセスは、スカイマークの定期便やチャーター直行便、韓国・仁川空港を経由した乗り換え便で行くことができます。成田空港からだと約3時間半とあっという間に大自然が残る南国リゾートのサイパン島に到着します。

北マリアナ諸島への行き方

りとふる編集部

テアニン島やロタ島へは日本からの直行便はありませんが、サイパン国際空港の国内線ターミナルからテニアン・ロタ行きの便が発着しています。小さめのセスナ機なので事前に予約をしておくと安心ですよ。

 

サイパン島の観光スポット

ガラパン(Garapan)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Loknath Sarker(@l.s.bappy)がシェアした投稿

ショッピングやランチ、ディナー、ナイトスポットなど何でも楽しめる、サイパン島で最も栄えている繁華街です。パセオ デ マリアナス通りと呼ばれるメインストリートは、いつも観光客や地元の人たちで賑わっています。また、毎週木曜日の夕方からはナイトマーケットが開催され、バーベキューやココナッツドリンクなどの定番グルメから、ココナッツのお刺身などの珍しい屋台グルメまでたくさんの屋台が並び、盛り上がります。

マニャガハ島(Managaha Island)

マニャガハ島

画像提供:PIXTA

ガラパンにあるスマイリング・コーブ・マリーナ(Smiling Cove Marina)から船で約15分ほどにある小さな無人島「マニャガハ島」。サイパン屈指の透明度の海では、シュノーケリングやダイビングなどのアクティビティを楽しめます。

グロット(Grotto)

サイパン島_グロット

画像提供:PIXTA

サイパンは世界中のダイバーが憧れの地としても人気の離島ですが、中でも「グロット」はサイパンを代表する人気スポットです。海中洞窟に太陽光が差し込み、青く幻想的な美しい光景を見られます。

バンザイ クリフ(Banzai Cliff)

サイパン島_バンザイクリフ

画像提供:PIXTA

サイパン島の最北端の岬です。「バンザイ クリフ」の名前の由来は、太平洋戦争末期に米軍に追い詰められた日本人が「万歳!」と叫びながら海へ身を投じた崖ということから名づけられていて、岬には慰霊碑が建てられています。

ラスト コマンド ポスト(Last Command Post)

サイパン島_ラスト・コマンド・ポスト

画像提供:PIXTA

太平洋戦争時の日本軍基地の司令部があった場所です。戦車や巨大な穴が今も残っていて、戦争の厳しさを現代に伝えている貴重なスポットです。

マウント カーメル大聖堂(Mount Carmel Cathedral)

 

この投稿をInstagramで見る

 

@babe2ellowがシェアした投稿

スペイン統治時代に建てられ、1949年に再建された美しい教会で、サイパン島のススペの街並みのシンボルにもなっています。ススペの街並みを散策する際には、ぜひ立ち寄りたいスポットです。

NMI歴史文化博物館(NMI Museum of History and Culture)

 

この投稿をInstagramで見る

 

a k(@kawachan380)がシェアした投稿

北マリアナ諸島の歴史と文化を学べる博物館です。日本統治時代の日本病院跡を改装して建てられ、当時の生活様式が分かる資料などが展示されています。



テアニン島の観光スポット

タガビーチ(Taga Beach)

テニアン島_タガビーチ

画像提供:PIXTA

テアニン島のビーチはマニャガハ島に匹敵するほど海の透明度が高いですが、観光客は比較的に少なく、プライベートビーチのような楽しみ方ができます。中でも「タガビーチ」はその美しさと口ケーションの良さから、タガ王朝のプライベートビーチだったと伝えられています。

ブロー・ホール(Blow Hole)

テニアン島_ブローホール

画像提供:PIXTA

テニアン島の北東部の海岸にある「ブロー・ホール」は波が打ち寄せられるたびに、浸食された岩の割れ目から勢いよく潮が吹き上がる珍しいスポットです。ベストショットを目指し近くで見る場合は、動きやすい服装で足元に注意しながら見学を楽しんでくださいね。

タガ遺跡(House of Taga)

北マリアナの先住民である、古代チャモロ人のタガ王が造ったとされ、テニアン島はタガ王朝の都となっていました。ラッテストーンという大きな石柱が残されていて、現在残っているラッテストーンの中でも最大規模を誇る遺跡です。

ブロードウェイ(Broadway)

テニアン島の中央を走る幹線道路「ブロードウェイ」は、海に向かってどこまでも続く絶景のドライブスポットです。また、南北にまっすぐ伸びているため、観光スポットを巡るのにも便利な道路です。きっと、ハイテンションなドライブを楽しめることでしょう。



ロタ島の観光スポット

テテトビーチ(Teteto Beach)

ロタ島_テテトビーチ

画像提供:PIXTA

ロタ空港とソンソン村の間にある人気のビーチです。その人気の理由は、何と言っても白砂の美しさと、遠浅で波も穏やかなビーチということです。ファミリーでも安心して楽しめます。

クロスポイント(Cross Point)

ロタ島_ソンソン村展望台

画像提供:PIXTA

トンガケーブという洞窟の上にある展望台からは、ソンソン村を一望することができます。十字架が立つ絶景ポイントの「クロス・ポイント」があります。

スイミング・ホール(Swimming Hole)

ロタ島_スイミングホール

画像提供:PIXTA

海沿いにある真水と海水が混ざり合ってできた天然のプールで、透明度が高くシュノーケリングにおすすめのスポットです。水中には外海と繋がる穴があるため、貿易風の影響で波が高い日は泳げない場合があるので、ツアーガイドなどに確認をしてからシュノーケルを楽しみましょう。

バード・サンクチュアリ(Bird Sanctuary)

ロタ島_カツオドリ

画像提供:PIXTA

初心者でも気軽にバードウォッチングを楽しむことができる展望所です。展望台がある岬の崖下一帯は熱帯ジャングルになっていて、アカアシカツオドリやオオグンカンドリなどたくさんの種類の野鳥を見られます。

トウェクスベリー・パーク(Tweksberry Park)

ロタ島_トウェクスベリー・パーク

画像提供:PIXTA

太平洋戦争後に1000本のヤシの木が植林された場所として、別名「千本ヤシ」とも呼ばれています。現在は数百本に減っていますが、それでもロタ島を代表するウォーキングスポットです。

ゆっくり過ごしたいのなら北マリアナ諸島で決まり!

サイパン島をはじめとして、テアニン島やロタ島などの大自然のネイチャーアイランドがある北マリアナ諸島は、ゆっくり余暇を過ごせるおすすめの離島です。時間に縛られない楽しみ方はいかがでしょうか。

RELATED