SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

オセアニア

世界最大の砂の島「フレーザー島」!世界遺産にも登録された島の魅力とは?

2019.08.29

世界最大の砂の島「フレーザー島」!世界遺産にも登録された島の魅力とは?

オーストラリアのフレーザー・コースト(クイーンズランド州)のハービー・ベイからフェリーで行くことができる、世界最大の砂の島「フレーザー島」。島のほぼ全域がグレート・サンディ国立公園に指定されていて、ユネスコの世界自然遺産に登録された大自然が溢れる島です。そんなフレーザー島の魅力をご紹介します。

フレーザー島について

全長は約120km、最大幅は約22kmと非常に大きな島です。沖縄本島の全長が約106.6kmということからフレーザー島の大きさを想像することができるでしょう。島の大部分を砂で覆われた砂地の大きな島には、亜熱帯雨林が生成していて、他では見ることができない珍しい動植物や自然環境を楽しむことができます。

フレーザー島の魅力とは

難破船「マヒノ号」

フレーザー島_難破船マヘノ号

画像提供:PIXTA

フレーザー島で随一の人気スポットが、浜辺に打ちあがっている難破船の「マヒノ号」。マヒノ号は1905年にタスマン海峡を渡る客船として建造され、第一次世界大戦時には病院船として運航していました。しかし、1935年に処分のためメルボルンから日本へ送られる途中に、強いサイクロンにより打ち上げられました。

75マイル・ビーチをドライブ

 

この投稿をInstagramで見る

 

WANDERLUST PHOTOGRAPHYさん(@wanderlust_sabine)がシェアした投稿

100km以上も続く白い砂浜「75マイル・ビーチ」。ここでの人気のアクティビティは、4WDに乗って楽しむ豪快なドライブです。湖、熱帯雨林など自然の見どころを結ぶ砂地の道を駆け抜けてみませんか。満潮時は海水で走行ができないようなので、事前にチェックしてから出かけましょう。

野生生物ウォッチング

 

この投稿をInstagramで見る

 

Akira Yamazakiさん(@ethan_wasabi)がシェアした投稿

世界自然遺産に登録されたフレーザー島では、たくさんの野生生物を観察することができます。この島には、珍しいインコやフクロウをはじめとする18種類の猛禽類が生息しています。また、8月から10月の時期には、沖合でザトウクジラのホエールウォッチングも楽しむことができます。

マッケンジー湖

フレーザー島_マッケンジー湖

画像提供:PIXTA

フレーザー島の中心部にある約80ヘクタールの湖「マッケンジー湖」は、透明度が高く水晶のように輝いている水質から、別名「クリスタルウォーター」とも呼ばれています。湖水浴も楽しめますが、その美しい湖を鑑賞するだけでも十分に魅力的です。

フレーザー島へのアクセス

最寄りの空港はハービーベイ空港です。日本からの直行便が出ているシドニーやブリスベンから国内線に乗り換えて、まずハービーベイ空港まで向かい、ハービーベイからフェリーに乗って約1時間で到着します。フレーザー島には舗装された道や公共交通機関がないため、事前にインフォメーションセンターやホテルなどに相談して、ハービーベイ発のツアーに参加するのが良いでしょう。

最寄りの町「ハービーベイ」について

 

この投稿をInstagramで見る

 

aiさん(@aiponpon0517)がシェアした投稿

フレーザー島を観光する際、最寄り空港がある「ハービーベイ」を滞在拠点にするのも良いでしょう。のどかな港町「ハービーベイ」では、1年を通してシュノーケリングやスキューバダイビングなどのアクティビティを楽しむことができます。また、エスプラネード(Esplanade)という海岸沿いの道には、ホテルやカフェ・レストランなどがありとても便利な町です。

まとめ

“世界最大の砂の島”はいかがでしたか。オーストラリアの代表的な離島の一つ「フレーザー島」には、美しい砂浜や手つかずの大自然の魅力を感じることができます。フレーザー島に宿泊して世界遺産の離島をまるごと満喫したり、最寄りのハービーベイからツアーに参加するなど、自分好みの楽しみ方をセレクトしてみてはいかがでしょうか。

 

 

 

#世界自然遺産 #イルカウォッチング #バードウォッチング

RELATED