SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

鹿児島

鹿児島「徳之島」は“長寿の島”!恵まれた自然の中でストレスフリーな3つの体験♪

2019.06.07

鹿児島「徳之島」は“長寿の島”!恵まれた自然の中でストレスフリーな3つの体験♪

奄美群島に属する離島の1つ「徳之島(とくのしま)」。平成30年に「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」を世界遺産の推薦候補に決定し、今後は世界遺産の登録が見込まれています。また、徳之島は昭和54年に長寿世界一のギネスブックに記録された泉重千代氏の生まれ育った島で、“長寿の島”として知られています。恵まれた自然あふれる徳之島で、ストレスフリーな旅をしてみませんか?

徳之島への行き方

鹿児島空港から飛行機で約70分、1日4便が発着しています。また船で行く場合は、鹿児島新港から奄美大島経由で約15時間、沖縄の那覇港から与論島・沖永良部島を経由して行くことができます。

徳之島の名所を巡ろう

戦艦大和慰霊塔

 

この投稿をInstagramで見る

 

LegamosaBさん(@leeeegamosa_b)がシェアした投稿

奄美十景の1つでもある犬田布(いんたぶ)岬の広場には、第二次世界大戦末期に山口から沖縄に向かう途中で沈没した戦艦大和の慰霊塔が建てられています。慰霊塔は戦艦大和の司令塔と同じ24mの高さとなっています。戦艦大和に関わる展示スペースもあり、歴史を学ぶこともできます。

犬の門蓋(いんのじょうふた)

画像提供:PIXTA

長年にわたる季節風や荒波によって、浸食されてできた断崖です。メガネのようにくりぬかれた岩は、通称「めがね岩」とも言われ、写真撮影で人気のスポットになっています。

金見崎ソテツトンネル

画像提供:PIXTA

樹齢300年以上と言われるソテツの群生でできたトンネルです。250m続くソテツトンネルを抜けた先にある「金見崎展望所」からは、東シナ海と太平洋が交じり合う絶景が広がっています。

ムシロ瀬

画像提供:PIXTA

徳之島の北西に位置し、南国では珍しい花崗岩が、まるでムシロを敷き詰めたように見えることから名づけられた海岸線です。周辺には大島紬で使われる車輪梅(しゃりんばい)やアダンなどの植物を見ることができます。

徳之島フルーツガーデン

パッションフルーツやハイビスカスなど約110種類の熱帯植物が、徳之島フルーツガーデンに植えられています。また、ポニーなどの動物と触れ合ったり食事をしたりとファミリーで楽しむことができます。

徳之島の海を知ろう

ヨナマビーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Makoto Miyataさん(@makoto2360)がシェアした投稿

ヨナマビーチのある与名間海浜公園では、フィッシングやダイビングなどを楽しむことができます。また、周辺にはバンガローやプールなどの施設も揃っていて、カヌーやシュノーケルなどの貸し出しも可能です。マリンスポーツを楽しむには最適なビーチです。

畦プリンスビーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Stephany Tateishiさん(@stephany_tateishi)がシェアした投稿

昭和47年に当時の皇太子殿下と美智子妃殿下が訪れたことから名づけられた美しいビーチです。真っ白なビーチが続き、リーフの内海にはサンゴ礁が広がっています。様々な熱帯魚を見ることができるシュノーケリングスポットです。

喜念浜

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryuta Izumidaさん(@ryuuuu0629)がシェアした投稿

白い砂浜と浅瀬が続いている喜念浜は、徳之島で一番美しいビーチとも言われています。付近にはキャンプ場やシャワー室、宿泊施設も整っています。晴れた日の朝と夕方には、牛を散歩に連れてくる人の姿も見られ、島の日常を感じることができます。

徳之島で闘牛を楽しもう

 

この投稿をInstagramで見る

 

shinya tomiさん(@shinya.tomi)がシェアした投稿

やはり徳之島といえば、闘牛を楽しみたいですよね。徳之島なくさみ館は、闘牛のメイン会場となり、大会のない日でもドーム内や併設された資料館などを見学することが可能です。運が良ければ、稽古をする牛の様子や練習試合を見ることができます。

最後に

徳之島にはここでしか見られない希少な動植物が生息しています。世界遺産になる前に、自然の楽園「徳之島」をぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

#ネイチャーアイランド #マリンスポーツ #闘牛 #希少動物

RELATED