SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

熊本

熊本県上天草市の維和島の「つながり旅」~人のつながりをたどる新しい旅のあり方

2021.03.30

熊本県上天草市の維和島の「つながり旅」~人のつながりをたどる新しい旅のあり方

地域づくり団体・維和島振興協議会は、熊本県上天草市にある維和島(いわじま)での新しい旅のあり方を「つながり旅」と提唱し、SNS上でプロモーション動画を公開しました。



「つながり旅」とは

有名観光地を巡り写真を撮ってSNSにアップする。そんな旅も良いですが、海と山に囲まれた豊かな島に暮らす人々の温かみに触れてより深い旅の体験を作ってほしいと考え、いわらぼは人のつながりをたどるような新しい旅のあり方を「つながり旅」と名付けました。

例えば、地元民しか知らない穴場でキャンプをしたり、地元漁師さんと海の幸バーベキューをしたり、島で一番美味しいコーヒーを入れてくれるアーティストの朝食を食べたりと、人のつながりを起点に維和島でディープな体験が楽しめます。

プロモーション概要

下記SNS上でプロモーション動画を公開しています。
Facebook:@iwalab/Instagram:@iwalab.info

Episode1 〜海のミネラルたっぷり潮湯温泉〜

維和島_「つながり旅」

つながり旅のはじまりは、天草の玄関口「大矢野エリア」にある野牛島から。ここには、潮湯温泉で有名な「藍の岬旅館」があります。海のミネラルをたっぷり含んだ潮湯温泉は、翌日からのキャンプや釣り、アクティブな体験に備えるための体チャージにピッタリ!

Episode2 〜島キャンプと地元陶芸作家とバーベキュー編〜

維和島_「つながり旅」

潮湯温泉でリフレッシュした翌日は、維和の地元民だけが知る絶景穴場スポットでキャンプ!今、流行りのグランピングやきれいに整備されたキャンプ場はありませんが、360°を海に囲まれた島で見る夕陽と朝日は格別。

Episode3 〜トラフグの養殖場見学と漁師さんとの海の幸バーベキュー〜

維和島_「つながり旅」

最終日は、陶芸作家、許斐(このみ)さんの手作り朝食とハンドドリップコーヒーで気持ち良く目を覚まし、そのままトラフグの養殖場「むらた活魚」へ。天草の豊かな海と無毒養殖で安全に育ったトラフグは、プロ御用達で最上クラス。

いわらぼ概要

維和島_「ほしのマルシェ」

住民で構成し外部団体と連携して地域づくりを行う団体です。「海のみえる しまぐらし」をテーマに、島民交流、農業・漁業体験など維和島ならではの体験プログラム開発、維和島の地元世代間交流やSNSを活用したプロモーションなどを行っています。長期目標として、都心と島の二拠点生活などを視野に入れる人向けに長期滞在できる施設開発も予定しています。

正式名称:維和島振興協議会(通称「いわらぼ」)
代表:星野 真理(星の株式会社 代表)
所在:熊本県上天草市大矢野町維和1787
HPはこちら
構成員:星の株式会社、維和地区まちづくり委員会、維和婦人会、維和島及び上天草の企業
SNS:Facebook @iwalab/Instagram @iwalab.info/Youtube IWALABいわらぼ

維和島_「ほしのマルシェ」

代表メッセージ

私は熊本県で生まれ、埼玉県で育ちました。幼少期からよく祖母のいる熊本県上天草市維和へ訪れていたことから、大人になるにつれて「いつか島に住んで、島のためになにかしたい」という想いが溢れていきました。自分は島にとって「島の外の人」ですが、交流を通して気づいたのは、外の人と中の人の交流はお互いを元気づけるだけでなく、それぞれが成長するきっかけにもなるということ。その気づきを「いわらぼ」という取り組みに換えて、多くの人に維和島に来てもらう機会をつくり、外と中の交流を増やすことで島の発展に繋げていきたいと考えています。
(プロフィール)2007年、津田塾大学学芸学部国際関係学科卒業後、飲食関係とスポーツアパレル関係の会社へ就職。2019年5月「いわらぼ」発足。維和島の地域おこし協力隊。星の株式会社代表。

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED