SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

広島

海に浮かぶ世界文化遺産「厳島神社」の王道観光を日帰りで大満喫!

2019.03.04

海に浮かぶ世界文化遺産「厳島神社」の王道観光を日帰りで大満喫!

瀬戸内海に浮かぶ「厳島(いつくしま)」。一度は訪れてみたい厳島神社の大鳥居は、圧巻です。広島旅行を計画しているなら、ちょっと足を延ばして“日本三景”のひとつでもある世界遺産を間近で体感してみませんか?広島港から高速船で最短約22分。王道の観光スポットと合わせて、旅行前に知っておきたいアクセス情報、気になるグルメ情報などをご紹介します!

厳島ってどんなところ?

画像提供:PIXTA

広島県廿日市市宮島町にある「厳島(いつくしま)」。瀬戸内海西部、広島湾の北西部に位置する厳島は、日本三景のひとつで、通称「宮島(みやじま)」と呼ばれています。聖域として長く敬われた宮島は、多くの歴史と豊かな自然が残る“神の島”です。島に到着すると、すぐに「ニホンジカ」たちが迎えてくれます。

厳島へのアクセス

厳島へは宮島口よりフェリーで約10分。宮島口~宮島桟橋は約15分間隔で運航しています。(運賃:片道大人180円、小人90円)

 

【宮島口のフェリー乗り場まで公共機関を利用の場合】 JR広島駅から山陽本線で宮島口駅まで約25分。路面電車の広島電鉄広島駅から広電宮島口駅まで約60分。

【市内から宮島桟橋へ船利用で直行の場合】 広島港(宇品港)から高速船で約22分。平和公園元安橋桟橋から高速船で約50分。大野桟橋から遊覧船で約25分。マリーナホップから高速船で約25分。

【飛行機を利用の場合】 広島空港から広島駅行きのリムジンバスで約48分、JR広島駅から山陽本線でJR宮島口駅まで約25分。岩国錦帯橋空港からアクセスバスで約12分、JR岩国駅から山陽本線上りでJR宮島口駅まで約23分。

厳島の王道観光スポット

厳島神社

画像提供:PIXTA

宮島桟橋から厳島神社までは徒歩で約14分。平安時代の寝殿造りは、回廊で結ばれた朱塗りの社殿。満潮時になれば海に浮かぶような神秘的な建築美を感じられます。そして干潮時には歩いて渡ることができる「大鳥居」は、そびえたつ迫力を望めます。大鳥居は奈良の大仏とほぼ同じの高さの16m、重量は約60t。鳥居の根元は地中に埋められてはなく、石の上に鳥居の重みだけで立っています。先人の知恵と工夫によって立っているなんて、間近で見るととても感動してしまいます。満潮時には鳥居をくぐる遊覧船も運行されているので、違った角度からの大鳥居もおススメです。

厳島神社

広島県廿日市市宮島町1-1

6:30~17:00/17:30/18:00 ※時期により異なる

宮島桟橋から徒歩約14分

 

宮島水族館(みやじマリン)

画像提供:PIXTA

瀬戸内海の生きものを中心に、直接触ったり観察できる見どころ満載の参加・体験型水族館。みやじマリンのマスコットキャラクター「スナメリ」に癒されること間違いなし!厳島神社の出口から徒歩約5分で、途中には観光施設があるので、寄り道も楽しめますよ!

宮島水族館(みやじマリン)

広島県廿日市市宮島町10-3

9:00~17:00(最終入館時間は16:00)

宮島桟橋から徒歩約25分

  または宮島メイプルライナー乗合バス約10分

 

宮島ロープウエー

画像提供:PIXTA

弘法大使の空海が修業したと伝わる「弥山(みせん)」へ気軽に登山できるロープウエーは、絶景を楽しみながらの空中散歩です。紅葉谷駅から榧谷(かやたに)駅までの乗車時間は約10分。乗り換えて榧谷駅から展望台のある獅子岩駅までは約4分。獅子岩駅から山頂へは徒歩約30分の道のりです。体力と相談しながら宮島の自然と絶景を楽しみましょう。

宮島ロープウエー

広島県廿日市市宮島町

8:00~18:00 時期により異なる

宮島桟橋からロープウエー乗り場紅葉谷駅まで徒歩約25分

  またはタクシーで約6分

 

宮島名物グルメを満喫しよう!

画像提供:PIXTA

観光客でいつも賑わっている表参道商店街はアーケードになっていて、雨の日でもとても便利。食事処やカフェ、お土産が並ぶお店などがたくさんあります。宮島グルメを満喫しながらの散策も楽しみの一つです。

牡蠣好き、集まれ~!

宮島には牡蠣屋さんがたくさんあります。食べ歩きには「焼き牡蠣」がおススメ!焼きたて熱々をフーフーしながら食べる牡蠣は贅沢なひととき。ゆっくりと味わうには、食事処で牡蠣づくしのランチを選ぶのもおススメです。いろいろな牡蠣を食べ比べして、好みの牡蠣グルメを探してみませんか?

宮島は穴子も名物!

ぜひ味わっていただきたい名物の「穴子飯」。ふっくらと焼かれた穴子がご飯の上に乗り、甘辛いタレが食欲を増してくれます。名店ばかりでお昼時には行列必至。どこの食事処にするか吟味しながら散策するのもおススメですよ。

あの“もみじ饅頭”が揚げたてサクサクに進化!?

宮島の新名物となった「揚げもみじ」は、ここ宮島でしか食べられない限定スイーツ。もみじ饅頭に衣をつけて油で揚げた新感覚のサクサク衣とアツアツ餡が絶妙にマッチ!小腹がすいた時や食べ歩きに、ぜひ揚げたてをおススメします。

最後に

今回は「厳島(宮島)」の王道観光を日帰りでも満喫できるスポットをご紹介しました。世界遺産にも訪れられ、歴史と食文化にも気軽に触れてみてはいかがでしょうか。ぜひ一度足を運んで体感してみてくださいね。

 

#御朱印めぐり #寺 #神社仏閣

RELATED