SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

本島

沖縄・国頭村:ワーケーション×アドベンチャーツーリズム×コワーキングを体感する30日間

2020.11.12

沖縄・国頭村:ワーケーション×アドベンチャーツーリズム×コワーキングを体感する30日間

沖縄本島最北のコワーキングHENTONA LOUNGEを経営する地域マネージメント会社、Quantum Leaps Complex Officeは、「コワーキング」「ワーケーション」「アドベンチャーツーリズム」をまとめて体感する日本初※1のイベント「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」を開催いたします。
※1:自社調べ



「世界自然遺産」登録が目前に迫る「沖縄」「やんばる」の中心地である「国頭村(くにがみそん)」全体をフィールドとして、「デジタルノマド」や「リモートワーカー」「リゾートワーカー」が「家族」や「仲間」と集い、「遊ぶ」×「学ぶ」×「繋がる」、30日間の「トライアルイベント」となっています。

このイベントを通し、国頭ファンを増やし、交流人口・関係人口として育てていくと同時に、やんばる観光の閑散期に「延べ400⼈泊の創出」を⽬指します。

国頭村は、沖縄本島北部「やんばる(山原)」と呼ばれるエリアにある沖縄本島最北の村です。
そのやんばるエリアは2021年の夏に世界自然遺産への登録を目指す、世界に誇る生物多様性を育む地域で、国頭村はその総面積の80%以上を森林が占める、やんばる地域の中心地と言えます。
「やんばる」が世界自然遺産へ推薦されたテーマは「生物多様性」。
国頭村は、先人たちが守り恵みを得てきた豊かな自然が育くむ、世界から認められる「生物多様性」を、「ライフスタイルや働き方の多様性」と重ね合わせ、「新しい社会の在り方」を提案するとともに、デジタルノマドやリモートワーカー、リゾートワーカーなどの「新しいライフスタイル」を応援していきます。

※本イベントは内閣府沖縄総合事務局「令和2年度沖縄テレワーク推進事業(テレワーク施設活用事業)」の採択を受けて実施します。

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

イベント実施概要

イベント名:YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021(やんばる すたいる こわーけーしょん)
ランディングページはこちら
沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」
開催期間:2020.12.19(土)~2021.01.17(日)
※参加者は期間中からご都合の良い日程(2泊~29泊)を選んで参加
宿泊およびテレワーク施設:
・やんばる学びの森
・YUMBARU HOTELS – 根路銘01号室
・HENTONA LOUNGE
アクセス:那覇空港より車で2時間~2.5時間
参加費、申し込み方法について:参加費は、日程・参加人数、宿泊施設などにより変わりますので、問い合わせフォームよりお問い合わせください。追って担当者よりご連絡いたします。
問い合わせフォームはこちら
沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

本トライアルイベント開催のポイント

■ソノ仕事を持って、沖縄の秘境、国頭村(くにがみそん)に来てみませんか!?
沖縄県国頭村は、人口5,000人弱の沖縄本島最北の村。ココには昔ながらの琉球文化や開闢の歴史、世界自然遺産への登録が目前に迫った豊かな自然が残る、沖縄県の中でも数少ない「秘境」です。そんな国頭村を舞台に、2020.12.19 – 2021.01.17の日程で、コワーケーションのトライアルツアー「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」を開催します。時代は「ワーケーション」から「コワーケーション」、「リモートワーク」から「リゾートワーク」へ。まだワーケーションしたことがない貴方、「ご家族」や「仲間」と一緒に、国頭村で「コワーケーション」に「トライ」してみませんか!?

■今日は海で遊ぶ!?それとも森を散策する!?それとも・・仕事スル!?
沖縄と聞いて、誰もが真っ先に思い浮かぶのは「白い砂浜」と「青い海」。でも「やんばる」はソレだけでなく、「世界自然遺産」に推薦されるほどの「生物多様性」を誇る「深い森」も楽しめます!このツアーの参加者は、地元の事業者が通常提供する「プログラム」に参加するもよし、主催者が厳選してご用意する国頭村を丸ごと楽しめる「オプショナルアクティビティ」に参加するもよし、もちろん大自然の中で「何もしない贅沢な時間」を過ごしても構いません。「宿泊施設」にはWi-Fiを完備し、「ワークスペース」もご用意。お仕事もバッチリこなせます。

■ナンデモ相談!「地域コーディネーター」
宿泊会場となる「やんばる学びの森」には、国頭村のことをよく知る「地域コーディネーター」を配置!地域体験したいけれど、どこで何をしたらよいのかわからなくて不安な方でも安心です!「ダイビングしたい!」「夜、飲みに行きたいけど良いお店ある!?」など、地域のことならナンデモ聞いてみてください!みなさんとコミュニケーションを深め、よりよいワーケーショントライアルとなるよう、全力でサポートいたします。

国頭村について

沖縄島(沖縄本島)最北端の村で、那覇市からは約100km、名護市からは約30kmの位置にあり、村域の約80%以上が森林で、日本国内最大級の亜熱帯照葉樹林が広がっています。村最北端の辺戸岬周囲にはカルスト地形があり、マングローブ林が広がる貴重な地形も要しています。
ヤンバルクイナ、ノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなどに代表される固有種の動植物が生息し、国頭村の森に住む動植物は国や県指定の特別天然記念物に数多く指定されています。
山地が海岸近くまでせまる地形で、各集落は河川の形成するごく狭い沖積平野に立地しています。ただ、村の行政、郵便局、銀行などが在する中心地・辺土名をはじめ、奥間・桃原・鏡地・半地の各地区は、赤丸岬を頂点とする陸繋砂州上にあって、国頭村内では例外的に広い平地が形成されている。村を縦断する国頭山地には、沖縄本島最高峰の与那覇岳(503m)をはじめ、伊湯岳(446m)・西銘岳(420m)などが連なり、その山々を嶺として西海岸、東海岸へ川が流れています。
沖縄本島の北端、辺戸岬と鹿児島県に属する与論島は28kmしか離れていない為、晴れている時には与論島が望めます。
国頭村観光協会HPより引用

宿泊およびテレワーク施設詳細

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■やんばる学びの森(沖縄県国頭郡国頭村安波1301-7、宿泊○、テレワーク○)
・ツインルーム(1~3名)
・ファミリールーム(4~6名)
・キャンプサイト(要テント持参)

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■YUMBARU HOTELS – 根路銘01号室(沖縄県国頭郡大宜味村根路銘233、宿泊○、テレワーク○)
・琉球古民家一棟貸し(2~4名室)

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■HENTONA LOUNGE(沖縄県国頭郡国頭村辺土名119-6、宿泊×、テレワーク○)
・コワーキング(10席)

オプショナルアクティビティ(例)

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■集落出身ガイドと拝む!
沖縄最高の聖地を巡礼「安須森(アスムイ)御嶽」

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■星空案内人が導く!
世界に誇るやんばるの森が生む「漆黒の暗闇に浮かぶ星空」

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■イザイ漁の名人と行く!
干潮のイノー(浅瀬)で「夜の生物観察」

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■畑人と味わう!
畑採れたて「やんばる野菜」

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■海人と味わう!
定置網獲れたて「やんばる鮮魚」

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■ヨギーとリフレッシュ!
やんばるの森や海の新鮮な空気を味わう「目覚めの朝ヨガ」

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

■キャンプの達人と行く!
無人島で迎える「一生の思い出に残る初日の出」

など。
※アクティビティごとに開催地は異なります。

沖縄・国頭村_「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」

散策イメージ

 

《運営》
主催:Quantum Leaps Complex Office(代表:久保勇人)HP Facebook
共催:くんじゃん暮らしサポーターズネットワーク(会長:金城太輔)Facebook
後援:国頭村(村長:知花靖)、一般社団法人 国頭村観光協会(会長:金城茂)、沖縄県(知事:玉城デニー)、一般財団法人 沖縄ITイノベーション戦略センター(理事長:稲垣純一)

《主催者について》
社名:Quantum Leaps Complex Office(クォンタムリープ・コンプレックス・オフィス)※個人事業
所在地:沖縄県国頭郡国頭村辺土名247-2
代表者:久保 勇人(くぼ はやと)
設立:2016年4月1日
企業サイトはこちらhttps://qlco.jp/
略歴:
1994年 慶應義塾大学経済学部を卒業し、キヤノン販売株式会社(現、キヤノンマーケティングジャパン株式会社)に入社
・システム開発部門において、キヤノンの新技術開発、新システム開発、新事業立ち上げなどのR&D業務に従事
・専門分野は、カラーマネージメント、クラウドインテグレーション、情報セキュリティなど
・保有技能は、プロジェクトマネージメント、マーケティング、ビジネスディベロップメントなど
2015年7月 同社を退職し、妻の故郷である沖縄県国頭村へ移住
2016年4月 Quantum Leaps Complex Officeを開業
2016年7月 国頭村営コリビング・コワーキング施設であるCAMP HENTONA/HENTONA LOUNGEを企画、提案し、2015年度補正予算「地方創生加速化交付金」事業に採択される
2017年1月 CAMP HENTONA/HENTONA LOUNGEを開店し、地域が元気になる「場づくり」を開始
2018年2月 琉球古民家を宿として活用するYUMBARU HOTELSプロジェクト初の施設「根路銘01号室」を開業し、仏壇問題で進まない空家の活用に一石を投じる
2018年10月 国頭村の若者と国頭村の魅力を発信するイベント「HONEN Fes!!! 2018」を台風による二度の延期の末に開催、1,500人以上の来場者を集める
2019年6月 HENTONA LOUNGEより初の起業者「合同会社Endemic Garden H」を排出し、その活動をサポート
2019年10月 第2回目となる「HONEN Fes!!! 2019」を開催、前年を大きく上回る2,000人以上の来場者を集める
2020年12月 日本初「コワーキング」×「ワーケーション」×「アドベンチャーツーリズム」のイベント「YUMBARU STYLE COWORCATION 2020-2021」を開催予定
事業内容:地域マネージメント
社名の由来:「Quantum Leap(s)」とは、量子飛躍と呼ばれる量子力学上の現象のことで、そこから転じて「大きな飛躍」や「目覚しい進歩」を意味する言葉になっています。私たちが創出する「小さな仕掛け(Quantum)」が「複合的に絡み合い(Complex)」ながら、「目覚しい進歩(Quantum Leap(s))」へとつながっていくことを願い、この名称をつけました。

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED