SNS

I live with the island and stay with the island

SEARCH詳細検索

SEARCH

CLOSE

長崎

【GOTO TSUBAKI HOTEL】福江港から徒歩5分!五島観光の拠点におすすめなホテル

2022.10.21

【GOTO TSUBAKI HOTEL】福江港から徒歩5分!五島観光の拠点におすすめなホテル

世界文化遺産があり、教会や椿、五島うどんなどの魅力が有名な長崎県五島列島最大面積の離島「福江島(ふくえじま)」。福江港と福江空港のどちらからも近い「GOTO TSUBAKI HOTEL」は、島内観光や五島列島の島々を訪れるのにも便利な観光にぴったりのホテルです。ホテル内にあるイタリアンレストラン「TSUBAKI KITCHEN」では、朝はバイキング、ランチ営業に夜のコースディナーまで1日を通して食事を楽しむことができますよ。今回は3泊4日の宿泊で滞在した「GOTO TSUBAKI HOTEL」の客室やホテルレストラン、行き方についてご紹介します。

#長崎 離島 #福江島 宿泊 #五島列島 ホテル
撮影:りとふる編集部

福江島と「GOTO TSUBAKI HOTEL」について

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑧_221014

長崎県本土の西に浮かぶ大小約150もの島々からなる五島列島(ごとうれっとう)の南部、下五島と呼ばれる長崎県五島市の離島「福江島(ふくえじま)」。長崎県や福岡県からフェリーやジェットフォイル、飛行機で渡ることができる五島列島最大の面積を誇る離島です。そんな福江島の玄関口である福江港から徒歩約5分、福江空港(通称:五島つばき空港)から車で約10分とアクセスしやすい立地に建てられている「GOTO TSUBAKI HOTEL」。港からも近いので他の五島列島の島々を巡って観光するアイランドホッピングにもぴったりです。

選べる!タイプに合わせた客室

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑤_221014

福江港から出て右に歩いてすぐ見えるクリーム色のホテルが「GOTO TSUBAKI HOTEL」です。落ち着いた雰囲気のロビーには高い吹き抜けが広がり、デザイン性のある5つの輪が連なったライトは五島をイメージした五輪になっているそうです。椿や教会を彷彿とさせるステンドグラス風のガラス窓も五島に来たことを感じさせられるうれしいデザインですね。フロント横には売店兼お土産屋もあるので、こちらで購入することもできますよ。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL_221014

エレベーターを下りると、タイルで作られたおしゃれな客室案内板がありました。絨毯なども含め、全体に青を基調とした落ち着いた雰囲気の館内に赤の差し色が椿のようでかわいらしい印象を受けました。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑨_221014

こちらのホテルには6タイプの客室がありますが、今回宿泊したのはコンフォートダブル。ベッドサイドに机とソファーが設けられているのが特徴的です。デスクライトもあり、ビジネスシーンでも使いやすい客室だと思います。もちろん無料Wi-Fi完備です。コンセントはもちろん、USB差し込み口が備え付けられているので携帯電話やカメラの充電をする際にも便利でしたよ。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL④_221014

2019年にオープンした比較的新しいホテルということもあって、浴室もとてもきれいでした。ナイトウェアやドライヤーもあるので安心です。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL②_221014

また、今回はハーバービューの客室ではありませんでしたが、夕暮れ時には夕焼けから夜に染まる空のグラデーションを眺めることができました。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL③_221014

ちなみに、客室キーはカードタイプなので滞在中の観光に出かける際には荷物にならず便利でしたよ。

「TSUBAKI KITCHEN」でイタリアンディナー

滞在初日の夕食は、ホテル内にあるイタリアンレストラン「TSUBAKI KITCHEN」で、五島近海で獲れた魚や五島牛を使ったイタリアンのコースをいただきました。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑪_221014

まず、アンティパストはカンパチのカルパッチョや五島美豚の自家製ハム、カプレーゼ、地魚のカルピオーネの盛り合わせ。地魚を使った南蛮漬けのようなメニューや五島美豚など、地元の食材を使った見た目も楽しいメニューです。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑫_221014

パスタは茄子と生ハムのトマトフィットチーネ。合わせてフォカッチャもいただきました。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑬_221014

魚料理は真鯛のソテーにワタリガニのソースが添えられています。こちらの真鯛は五島産の天然真鯛だそうですよ。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑭_221014

こちらは五島牛のステーキです。柔らかく旨味のあるお肉には福江島の香珠子(こうじゅし)で作られた塩を付けていただきます。
デザートはガトーショコラとフルーツでした。五島の食材をふんだんに使ったコース料理をいただくことができて、とても満足でした。

「TSUBAKI KITCHEN」の朝食バイキング

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑥_221014

朝食は定番の朝食メニューから五島の食材を使ったメニューまでバイキング形式でいただきます。日替わりで変わるメニューもあるので、連泊でも毎日朝食を楽しめました。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL⑦_221014

このように分かりやすく五島の食材を紹介してくれているのも、観光客にはうれしいポイントですね。ガラス張りの大きな窓があるので、朝日が射して明るい朝食会場は夜とまた違った雰囲気でした。

お散歩にもぴったり♪おすすめコース

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL前_221014

ホテルは港のすぐ側に建っていて、周辺には商店街やお土産屋、日常の雰囲気も感じられるスーパー、武家屋敷通りや福江城跡に福江教会などがあり、歩いて巡ることができる観光スポットがたくさんあります。「GOTO TSUBAKI HOTEL」のスタッフがおすすめするウォーキング・ジョギングMAPが作られていたので、気になる方はフロントなどでスタッフの方に聞いてみてくださいね。

福江島_福江港_221014

今回は太陽が昇る前にホテルから出て右手の福江港ターミナルまで歩いて行くと、徐々に周りが明るく照らされて静かに輝きながら夜明けを迎える港の風景を眺めることができました。ホテルを出て左手にも船が見えますが、そちらは漁港なので漁から戻ってくる船などを眺めることができるそうですよ。

福江島_GOTO TSUBAKI HOTEL_211213

港を後にして朝食を食べにホテルに戻る頃には、朝焼けがホテルの正面を照らしていました。港までは徒歩5分ほどなので、ぜひ朝の澄みきった空気を感じにお散歩してみてはいかがでしょうか。

海の上の神社?「常灯鼻」と「金毘羅宮」

福江島_常灯鼻・金毘羅宮_221014

ホテルから出るとすぐ正面に何やら海の上に建てられた小さな島に神社のようなものが目に入ります。港やホテル到着時に気になる方も多いのではないでしょうか。こちらは福江城を築く際に防波堤や灯台としての役割のために作られたと言われている「常灯鼻(じょうとうばな)」で、江戸時代末期の1846年に完成し、160年以上経った今も灯台部分や石垣が残されています。また正面の階段を登ると「金毘羅宮」と書かれた鳥居が建てられています。離れ小島に見えますが、実際は漁港側から細い道で繋がっているので行くことができますよ。

「GOTO TSUBAKI HOTEL」への行き方

今回宿泊した「GOTO TSUBAKI HOTEL」は福江島の玄関口である福江港から徒歩約5分、福江空港から車で約15分の場所にあります。また、空港からは市内行きのバスを利用して「カンパーナホテル前」で下車すると斜め前にホテルの入り口があります。正面玄関ではないので少し分かりにくいですが、道路沿いに看板が出ているので確認しながら進んでみてください。

福江島_行き方・アクセス

また福江島へは長崎から飛行機で約30分、ジェットフォイルで約1時間25分で行くことができます。今回私は福岡から福江島に行きましたが、約40分のフライトなのであっという間に着いてしまいました。

GOTO TSUBAKI HOTEL

長崎県五島市栄町1-57

0959-74-5600

公式ホームページ

 

 

最後に

観光にも便利な五島列島・福江島のホテル「GOTO TSUBAKI HOTEL」についてご紹介しました。ホテルの周辺には飲食店もあるので、地元のお店で夕食をするのも良いですね。ぜひ観光の拠点に宿泊してみてはいかがでしょうか。

 

RELATED