SNS

I live with the island and stay with the island

SEARCH詳細検索

SEARCH

CLOSE

北アメリカ

【アレココ養魚池】ハワイ・カウアイ島のメネフネ伝説が広く今に伝わる人工の池

2022.04.15

【アレココ養魚池】ハワイ・カウアイ島のメネフネ伝説が広く今に伝わる人工の池



約1,000年前に作られたもので1973年に国家歴史登録財に認定されました。魚を取るために緻密に計算された設計で、古代ハワイの水産技術をよく表しています。ハワイのいたずら好きの妖精、メネフネの伝説が今に伝わっています。メネフネは、人から隠れて森の中に住んでいました。メネフネは高度な技術を持っていて、たった一晩でこの養魚池を作ったと言われています。マカウェリの村から40kmにも渡って列を作り、材料の石を手渡しで運んだというのです。「メネフネ」という言葉はタヒチ語で庶民、社会的地位の低さを指す「マナフン」という言葉から由来したという見解もあります。池をフレイア川と隔てている壁は溶岩石が精密に組み立てられたもので、長さ274m、高さ1.5mもあります。これもメネフネの魔法かもしれません。

アレココ養魚池(ʻAlekoko Fishpond)

Menehune Fishpond, Lihue, HI 96766

アクセス:リフエ空港から車で約15分

 

提供:ハワイ州観光局 公式ポータルサイト『allhawaii
引用記事はこちら

 

RELATED