SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

本島

沖縄県本島北部にあるホテルの客室をサブスクリプション利用可能へ。

2021.09.13

沖縄県本島北部にあるホテルの客室をサブスクリプション利用可能へ。

沖縄県本島北部でホテル事業を展開する前田産業ホテルズは、運営する3ホテルを対象に用途や目的に合わせて自由にホテルを選び、サブスクリプション利用できる「ウィークリー&マンスリーオーナー契約宿泊プラン」の販売を30ルーム限定で開始します。



通常のロングステイのように同じ人が同じホテルに長期間滞在するスタイルとは異なり、複数の人が入れ替わりながら3つのグループホテルを利用できるところが特徴。企業の福利厚生や長期出張、ワーケーションでの宿泊利用のほか、デイユースやサテライトオフィスなど、幅広い用途での利用が見込まれます。

このプランは2021年2月に販売し、大好評の中即日完売したサブスクリプション宿泊プランの第二弾で、前回のマンスリー利用に加え、ウィークリー利用のプランを用意。より気軽に、幅広いニーズに対応します。

【プラン対象ホテル】

沖縄_前田産業ホテルズ

ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ/アラマハイナ コンドホテル/ホテルゆがふいんおきなわ

●ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ(もとぶ町)
●アラマハイナ コンドホテル(もとぶ町)
●ホテルゆがふいんおきなわ(名護市)
※アラマハイナ コンドホテルは、プランごとに利用日数の制限あり。

【ウィークリー&マンスリーオーナー契約宿泊プラン:30ルーム限定販売】
ホテルのサブスクリプション利用プランとして、月契約(30日)または週単位(1週間〜3週間)での契約で対象のホテルから選び1日1室を通常の宿泊利用だけではなく、デイユースやサテライトオフィスなど、幅広い用途での利用が可能です。
対象のホテルは、名護市の中心部にほど近くビジネスシーンでの利用に便利なホテルゆがふいんおきなわ、沖縄美ら海水族館をはじめ、定番の観光スポットや人気のビーチへのアクセスが良いもとぶ町の2ホテルから、用途や目的に合わせて選ぶことが出来、様々なシーンに対応。

沖縄_前田産業ホテルズ

コワーキングラウンジ「ハナウール」/オキナワハナサキマルシェ

名護エリアのホテルゆがふいんおきなわには無料で使用できるコワーキングラウンジ「ハナウール」が付帯、ホテルマハイナ・アラマハイナコンドホテルでは、隣接するオキナワハナサキマルシェ内のカフェや屋外テラスを利用し、美しい海を望みながらリゾート気分でのテレワークも可能。更に、ホテル近くの「海洋博公園」内に新設されたコワーキングスペース(有料)も利用することができます。
※各ホテル館内はもちろん、オキナワハナサキマルシェは屋外テラスも含め敷地内での無料Wi-Fiを完備。
※契約期間内のアラマハイナコンドホテルに関してはプランごとに利用日数の制限があります。(7泊・14泊プラン:1回/21泊プラン:2回/30泊プラン:3回)

【プラン料金】
マンスリープラン(30泊)149,800円(税込)
ウィークリープラン(7泊)48,800円(税込)、(14泊)83,800円(税込)、(21泊)115,300円(税込)
※上記は1名様利用の料金です。2名様以上でご利用の場合、お1人様あたり1泊3,000円の追加料金をいただきます。
【発売期間】2021年9月13日〜2022年1月21日
※限定室数に達し次第締め切り
【利用期間】2021年9月20日〜2022年1月28日
【お問い合わせ】
電話番号:0980-51-7488(ホテルマハイナ予約係 9:00〜17:30)
E-mail:mhn-yoyaku@maedasangyo.net

◆新型コロナウイルス感染症への対策について◆

沖縄_前田産業ホテルズ

前田産業ホテルズの各施設では、すべてのお客様の安全と安心を第一に考え、新型コロナウイルス感染症防止対策を徹底しております。詳細は、ホテル公式HPをご覧ください。

■株式会社前田産業(前田産業ホテルズ)
本社:〒905-0014 沖縄県名護市港2-6-5(4F)
代表者:代表取締役社長 前田 裕子
設立:1986年3月
企業サイト
事業内容:ホテル事業(施設名:ホテルゆがふいんおきなわ、ホテルゆがふいんBISE、ホテルマハイナ ウェルネスリゾートオキナワ、アラマハイナ コンドホテル)/商業施設事業(施設名:オキナワ ハナサキマルシェ)/小売事業(施設名:SuiSavon-首里石鹸-)

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED