SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

長崎

「壱岐島」で初の参加型ライトアップイベント”かみあかりの夜”開催決定!

2019.07.03

「壱岐島」で初の参加型ライトアップイベント”かみあかりの夜”開催決定!

”神々の宿る島”と呼ばれる「壱岐島(いきのしま)」。日本最古の歴史書とされる古事記では、後に日本となる八つの島をつくったとされ、五番目に生まれたのが、ここ壱岐島です。島内には神社庁登録の神社が150社も集まり、小さな祠まで合わせると1,000を超えるとも言われています。そんな壱岐島では約700年続く「壱岐神楽(いきかぐら)」が伝統神事として今なお残っています。この夏、壱岐の伝統行事とタイアップしたライトアップイベントが壱岐島内で開催されます。

ライトアップイベントについて

“かみあかりの夜”~まう、ともす、いのる~

壱岐神楽で最も多くの人が集まるとされる「大大神楽」が行われる8月3日に合わせて、壱岐七社の一つでもある「白沙八幡神社」の境内にてライトアップイベントをこの夏初めて実施します。

「白沙八幡神社」は大大神楽の会場である「筒城浜ふれあい広場」からすぐ目の前にあり、壱岐島石田地区の守り神として鎮座してきました。石田地区の小学校(小学生)にも協力いただくなど、市民も参加するイベントとしての開催となります。ライトアップイベント会場では存在感のある大鳥居から境内までをライトで装飾し、本殿でお願い事を書いたLEDキャンドルを奉納するワークショップも同時開催されます。市民や多くの観光客に「神々が宿る島”壱岐”」を知っていただき、本イベントを盛り上げます。

ステージイベント 壱岐大大神楽

壱岐神楽

写真提供:(一社)壱岐市観光連盟

約700年、神職のみで継承されてきた、畳二畳のスペースで繰り広げられる神々の舞。古い歴史と伝統を持つ神事芸能。他地方の神楽とは異なり、神楽舞も音楽も神職のみで奏されます。三十五番まである演目を約6時間以上にわたって奉納されます。

 

壱岐大大神楽

筒城浜ふれあい広場 野外ステージ

8月3日 18時~(約6時間程度)

http://www.hn.iki-vision.jp/~tsutsukifureai/

 

壱岐大大神楽の会場でもある筒城浜ふれあい広場は、キャンプ場としても利用が可能です。壱岐大大神楽の当日もキャンプの受付をしているので、キャンプをご希望の方は一週間前までの事前予約が必要です。公式サイトよりご予約をお願いします。

 

参加型ライトアップイベント かみあかりの夜

白沙八幡神社を3000個のLEDキャンドルで彩ります。離島ならではの自然の景観を活かした森の中の神社でのライトアップは、都会のライトアップとは一味違った風情があります。ワークショップではお願い事を書き、LEDキャンドルを境内に奉納することができます。壱岐大大神楽の奏される特別な夜に”神々の宿る島”のご利益を得てはいかがでしょうか。

白沙八幡神社

かみあかりの夜

白沙八幡神社

8月3日 18時受付開始

http://ikikankou.com/shrine/news/detail.php?seq=16

 

ライトアップは日没後に開始します。また、ワークショップはイラストやお願い事を書いたキャンドルカバーカップにLEDキャンドルを入れ、白沙八幡神社に奉納します。参加は無料です。

「壱岐大大神楽」と白沙八幡神社ライトアップイベントツアー

壱岐市ライトアップツアー

写真提供:(一社)壱岐市観光連盟

ライトアップイベントに合わせたツアーを開催します。1泊2日で壱岐島の景勝地やパワースポットを巡り、夕食には大大神楽とライトアップイベントの会場からほど近い筒城浜レストハウスで壱岐牛BBQを堪能できます。また、ツアー参加者限定の三大特典を準備しているので、ぜひ、(一社)壱岐市観光連盟が開催する公式ツアーでイベントに参加してみてはいかがでしょうか。公式サイトからお申込みをお願いします。(※申し込み締め切り7月16日

(※ツアーの受付は終了しました。)

 

最後に

イベント当日の筒城浜ふれあい広場では飲食ブースも設置され、ステージイベントでは餅まきも開催されるなど多くの島民も集まります。島民交流の場としても盛り上がる本イベントは、地域と観光客をつなぐ場となるでしょう。

 

 

情報提供:(一社)壱岐市観光連盟

RELATED