SNS

I live with the island and stay with the island

SEARCH詳細検索

SEARCH

CLOSE

鹿児島

【波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI】屋久島の全室オーシャンビューホテル

2022.02.24

【波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI】屋久島の全室オーシャンビューホテル

2023年に世界遺産登録30周年を迎える鹿児島県の離島「屋久島(やくしま)」。船が着く宮之浦港から徒歩5分のロケーションに佇むTHE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FORESTのおしゃれな別邸「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」は全室オーシャンビューの客室で、浴室やバルコニーからも海を眺めることができるスタイリッシュな宿泊施設です。今回は実際に宿泊した「波音日和」の客室や食事、行き方についてご紹介します。

#屋久島 宿泊 #屋久島 ホテル #鹿児島 離島
撮影:りとふる編集部



「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」に宿泊♪

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI⑪_220222

今回の屋久島旅行では、宮之浦港から徒歩5分ほどの高台に位置する「THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST」の別邸「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」に宿泊しました。客室や客室のお風呂からも海が見える、バルコニー付きのおしゃれなオーシャンビュールームで、女子旅やカップルにもぴったりでした。今回はチェックイン時刻の前に屋久島に到着しましたが、チェックイン前でも荷物を預かってもらえるので、必要最小限の荷物を持って観光に出かけることができましたよ。宿泊した日には満月がとても近く、翌朝ホテルを出発した朝7時頃にはオレンジに輝く朝日を見ることができました。

ホテルにチェックイン

今回宿泊した「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」は「THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST」の別邸ですが、施設の入り口やフロントはどちらも共通です。
屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI_220222

入り口から入るとすぐ目の前にある、大きな木のオブジェが飾られているおしゃれなダイニングカフェスペース「Dining cafe misola」。ランチタイムにはパスタなど、カフェタイムにはケーキやコーヒーなどをいただけるそうです。

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI③_220222

チェックインを済ませたあとは、「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」の宿泊者だけが入ることができる別邸へ移動します。扉を開けると一気に本館とは雰囲気が異なり、目の前には海が見える大きな窓と椅子がありました。

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI⑤_220222

おしゃれな廊下を進んで行くと、階段の窓から外のヤシの木が揺れている影が映し出されていて、とてもかわいらしかったです。もちろんエレベーターも完備されています。

全室オーシャンビューのおしゃれ客室

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI⑦_220222

「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」のおすすめポイントは、何と言っても全室オーシャンビューの客室です。コンクリートが打ちっぱなしのおしゃれな客室に入ると、まず大きなベッドと大きな窓が目に入ります。チェックインをしたのが夜でしたが、バルコニーに出ると海の音が聴こえて癒しの時間でした。枕元にコンセントが完備されているのもうれしいポイントですね。

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI⑩_220222

客室のおしゃれなお風呂からも海を眺めながら入浴ができます。またホテルの大浴場の利用もできるので、夜は大浴場でゆっくりと足を伸ばして、朝はおしゃれに客室のお風呂で外を眺めながらなど、どちらのお風呂も楽しめますよ。

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI⑥_220222

また、こちらのお部屋には天然素材で作られたシャンプー・コンディショナー・固形石鹸や、マイクロプラスチックフリーの歯磨きジェルなど、おしゃれなだけではなく環境に配慮されたアメニティが用意されていました。自然を大切にする取り組みも素敵だなと感じました。

ホテルの食事について

今回は1泊2食付きの宿泊プランで予約をしました。夕食・朝食ともに食事はホテル本館と共通の会場でいただきます。ちなみに、夕食の会席料理は宿泊者以外の方でも事前に予約をすればいただけるそうです。また、夕食後には食事会場手前にあるお土産屋さんでお土産選びができたので、夜のうちにお土産のパッキングを終えられたのもうれしいポイントでした。

ディナーは屋久島ならではの会席料理

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI⑧_220222

「THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST」の宿泊でも会席料理をいただけますが、今回は「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」の宿泊者限定の会席料理をいただきました。屋久島の食材を使った会席料理「屋久島おもてなし御膳」は、1品1品の見た目もきれいで目でも舌でも楽しめるメニューです。

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI④_220222

この日は黒豚のちゃんちゃん焼きや料理長特製 トビウオのつみれ鍋、きびなごの天ぷらやきのこの炊き込みご飯など、季節の食材も取り入れられていて大満足でした。レストランスタッフの方々がとてもフレンドリーで飲み物やご飯のお替りなども気に掛けていただき、レストランにいた小さな子どもたちへの対応も優しくとても居心地が良い空間でしたよ。トビウオの唐揚げなど定番メニューを食べたい場合は、別途オーダーをすることもできるそうです。

旅程に合わせて選べる朝食

通常の朝食では食事会場でのバイキング形式で和洋食をいただけますが、今回私たちが宿泊した際は2日目の早朝からアクティビティツアーへ参加予定だったので、事前に伝えて朝食をお弁当にしていただきました。チェックインの際に再度お弁当の確認をして、出発時間に合わせて出来上がるように準備をしていただいたので、ツアー先で簡単な朝食を済ませることができました。屋久島旅行では早朝から様々なプランを立てている方も多いと思うので、予約時にお弁当をお願いできるか尋ねてみてくださいね。

ホテルへの行き方

屋久島_波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI②_220222

「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」は「THE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FOREST」の別邸となりますが、ホテルの入り口やフロント、食事会場、大浴場などの施設はどちらも共通です。地図には「THE HOTEL YAKUSHIMA」のみで記載されているマップもあったので、気を付けましょう。

屋久島には空港が1つ、港が2つありますが、こちらのホテルは宮之浦(みやのうら)港側にあるので、船で屋久島を訪れる場合は宮之浦港を利用するととても便利です。チェックイン前でも荷物を預かってもらえました。

【宮之浦港からホテルまで】
宮之浦港から徒歩約5分の場所に位置します。港から歩道沿いに進んで行くと右手に入り口があり、坂道を上がると高台にホテルがあります。ほんの一瞬ですが、荷物が多い方はタクシーを呼んでも良いかもしれません。

【安房港からホテルまで】
安房港からホテルに行く場合は、バスまたはタクシーの利用となります。
バス:バス停番号20番の宮之浦港まで約40分、宮之浦港から徒歩約5。/タクシー:約30分

【屋久島空港からホテルまで】
屋久島空港からホテルに行く場合は、バスまたはタクシーの利用となります。
バス:バス停番号20番の宮之浦港まで約25分、宮之浦港から徒歩約5分/タクシー:約20分

【レンタカーでホテルまで】
レンタカーを予約している場合は、事前に到着時間などを伝えていると空港や港でピックアップをしてもらえるレンタカーショップが多いので、予約の際に確認をしてみてください。



屋久島について

屋久島_翁岳とげんこつ岩_220221

画像提供:PIXTA

鹿児島県の大隅半島・佐多岬から南南西約60kmの位置に浮かぶ鹿児島県の離島「屋久島(やくしま)」。周囲約130kmの五角形を丸めたような形をしていて、島のほぼ全域が山地で1,000mから1,900m級の山々が連なり“洋上アルプス”とも呼ばれています。

屋久島_縄文杉②_210430

画像提供:PIXTA

1993年に青森県の白神山地とともに、日本で最初に世界自然遺産に登録され、2023年には世界遺産登録30周年を迎えます。世界遺産を含む観光スポットなどの環境整備が整っていることもあり、毎年多くの観光客が訪れている離島です。

屋久島_永田いなか浜②_210430

画像提供:PIXTA

屋久島といえば、想定樹齢2170年~7200年とも言われる縄文杉や、神秘的な雰囲気を満喫できる白谷雲水峡が有名ですが、森や山以外の海や里にも魅力が詰まっていて、トレッキングなどのアクティビティだけではなく、近年では癒しの時間を求める方も増えているそうです。

 

屋久島への行き方

鹿児島県の離島である屋久島への行き方を船と飛行機に分けてご紹介します。

【屋久島まで船でのアクセス】
鹿児島本土の鹿児島本港から屋久島まで
高速船:宮之浦港・安房港まで約2時間/フェリー:宮之浦港まで約4時間

【屋久島まで飛行機でのアクセス】
2022年2月現在、屋久島への直行便が就航しているのは鹿児島・福岡・大阪国際空港の3か所のみです。その他の地域から屋久島に行く場合はこちらの3つの空港で乗り継ぎが必要ですが、鹿児島空港発着便が1番に本数が多いので旅程を組みやすくおすすめです。
鹿児島空港~約30分、福岡空港~約55分、大阪国際(伊丹)空港~約1時間35分

最後に

今回は実際に宿泊したTHE HOTEL YAKUSHIMA OCEAN & FORESTの別邸「波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI」についてご紹介をしました。とてもおしゃれできれいな施設なので、女子旅にもぴったりです。また、港からも近く、事前にホテルでツアーを申し込んだり、登山用具のレンタルやコインランドリーを利用したりとアクティビティに参加する方にもありがたいサービスがたくさんありました。ぜひ次回の屋久島旅行の参考にしてみてくださいね。

波音日和 THE OCEANFRONT NAMIOTOBIYORI

鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦1208-9

0997-42-0175

チェックイン 15:00/チェックアウト 10:00

公式ホームページ

 

 

RELATED