SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

鹿児島

種子島:【ヨガの聖地】第一号に認定!6/21国際ヨガの日にオンラインヨガ開催

2020.06.19

種子島:【ヨガの聖地】第一号に認定!6/21国際ヨガの日にオンラインヨガ開催

⼀般社団法⼈全⽇本ヨガ連盟は鹿児島県 種子島 西之表市内の浦田(うらだ)海水浴場・天女ケ倉(あまめがくら)・サンセットライン(下西~住吉の西海岸)の3か所を卓越した美しい景色が堪能でき、ヨガの効果が十分に得られる場所として【ヨガの聖地】に認定しました。来る6月21日(日)国際ヨガの日祝賀行事として種子島西之表市から美しい景色と共にオンラインヨガを開催します。



種子島_オンラインヨガ

八板市長と一社団法人全日本ヨガ連盟種子島支部長 川越れい子

【ヨガの聖地】とは一般社団法人全日本ヨガ連盟がヨガによる地方創生・観光復興・健康寿命の増進を主たる目的として認定するものです。当連盟が定めた11項目の基準を満たし運営主体(自治体・国益団体)による“ヨガの聖地づくり”計画書により判定し【ヨガの聖地】として認定します。

世界では【ヨガの聖地】として有名なインドのリシュケシュ、ブッタが瞑想をしていたともいわれるエローラ遺跡、ヨガと瞑想を通じて精神性を向上させてくれると言われるインド南部コーヤンブットゥール、イタリアのアッシジ(フランチェスコ聖堂と関連修道施設群として世界遺産にも登録)などがあり世界のヨギー、ヨギーニ達が多く訪れています。

この様にインバウンド政策に於いても期待が高い【ヨガの聖地】ですが、【ヨガの聖地】認定を受けた運営主体は、その地域の持つ特性を生かしながら、その地域住民の健康増進と【ヨガの聖地】巡礼者(【ヨガの聖地】を訪れる方々)もまた心身ともに充実した時を過ごせる“ヨガの聖地づくり”を全日本ヨガ連盟と共に推進。また、地域全体がヨガを日常的に取り入れることで、健康寿命の増進、大規模感染症災害・大規模自然災害における防災に強い環境の実現も目指しています。現在【ヨガの聖地】には奈良県吉野町等が興味を持っています。

今年はコロナ禍でオンラインヨガが盛んに行われているが【ヨガの聖地】認定第一号記念として来る6月21日(日)国連が定めた国際ヨガの日に【ヨガの聖地】種子島西之表市からも美しい景色と共にオンラインヨガレッスンが開催されます。折しも今年はこの夏至の日の夕方16時ごろから18時ごろにかけて、日本全国で部分日食が見られます。南西日本ほど大きく欠けインド北部や台湾などでは金環日食が起こるそうです。宇宙の神秘と共にマインドフルネスを堪能してみては如何でしょうか。

種子島_オンラインヨガ

左から:浦田(うらだ)海水浴場、天女ヶ倉(あまめがくら)、サンセットライン(写真:日高慎吾)

【ヨガの聖地】種子島西之表市
国際ヨガの日祝賀オンラインヨガレッスン
日時:2020年6月21日(日)19時~
参加費:無料
視聴方法:YouTube公式チャンネル全日本ヨガ連盟はこちら

 

種子島_オンラインヨガ

全日本ヨガ連盟種子島支部長 川越れい子

一般社団法人全日本ヨガ連盟(東京都港区 代表:⼤橋⼀陽)
認定組織である一般社団法人全日本ヨガ連盟はインド政府AYUSH省QCIとプロフェッショナルヨガ検定のプロモーション団体としてMoUを締結した日本国内唯一の団体。インドの伝統文化であるヨガの本質を正しく捉えそれを実践することで、健康に寄与しながらヨガの哲学と正しいインド文化を広く啓蒙し、ヨガを通じ各国と交流し平和活動に寄与することを目的としている。副会長に山田宏参議院議員(ヨガ推進議員連盟事務局長)やヨガ親善大使にタレントでアーティストでもある片岡鶴太郎氏を迎えている。
公式HPはこちら
EMAIL:info@yogaorg.jp
YouTube公式チャンネル全日本ヨガ連盟(YouTubeで全日本ヨガ連盟を検索!)はこちら
SNS:Facebook Instagram

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED