SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

本島周辺

沖縄・古宇利島:グランプリはバウリニューアルセレモニー「1.31愛妻の日SNSフォトコンテスト」開催

2019.12.26

沖縄・古宇利島:グランプリはバウリニューアルセレモニー「1.31愛妻の日SNSフォトコンテスト」開催

ワタベウェディング株式会社は、「“愛妻”ぶりを感じられる写真」と「愛妻エピソード」を募集する「1.31愛妻の日SNSフォトコンテスト」を2019年12月26日(木)~2020年1月31日(金)まで開催します。

バウリニューアルとは、結婚している夫婦が、結婚記念日や家族の節目・記念日などに、改めてお互いへの愛を誓い合うというセレモニーのことです。1月31日の愛妻の日にちなみ開催する今回のフォトコンテストは、インスタグラムまたはツイッターにて、「“愛妻” ぶりを感じられる写真」と「愛妻エピソード」を投稿していただくことで応募可能です。投稿いただいた方の中から1組のご夫婦に、沖縄までのおふたり分の往復航空券と、「古宇利島 空と海の教会」でのバウリニューアルセレモニーをプレゼントします。今回の企画は、結婚式準備専門情報サイト『結婚式準備.com』とのコラボレーション企画として、結婚式をした夫婦の未来をもプロデュースするという試みから実施されることとなりました。
当社は“家族の絆づくり、かけがえのない思い出づくり”を大切にする企業として、今後も様々な企画を通じ、ご夫婦の絆を深めるお手伝いをしてまいります。



 

「愛妻の日フォトコンテスト」概要

古宇利島_「1.31愛妻の日SNSフォトコンテスト」

募集期間:2019年12月26日(木)~2020年1月31日(金)
プレゼント:沖縄までのご夫婦2名分の往復航空券、レンタルウェディング衣裳各1着、新婦ヘアセット&メイク、沖縄の「古宇利島 空と海の教会」でのバウリニューアルセレモニー
※詳細は「愛妻の日フォトコンテスト」特設WEBサイトをご確認ください。
対象実施期間:2020年3月~2020年6月の平日
応募方法:インスタグラムまたはツイッターにて、「“愛妻”ぶりを感じられる写真」と「愛妻エピソード」を「#ワタベウェディング」「#愛妻の日フォトコンテスト」のハッシュタグをつけ、投稿してください。
※親御様の写真を投稿するなど、ご本人様でなくても応募可能です。
※当選者への連絡をもって発表と代えさせていただきます。
応募資格:下記①~③の条件すべてに当てはまること。
①被写体のご夫婦が、入籍をしている、または過去に結婚式(ウェディングフォト含む)を挙げていること。
②被写体のご夫婦が、対象実施期間に沖縄でのバウリニューアルセレモニーが可能なこと。
③TV、WEB、雑誌等すべてのメディアにて写真および動画に加え、応募者や被写体のご夫婦、おふたりのお名前、インタビュー等のコメント掲載可能なこと。
特設WEBサイトはこちら(結婚式準備.com内)

「古宇利島 空と海の教会」概要

所在地:沖縄県国頭郡今帰仁村古宇利588番地(古宇利オーシャンタワー隣接)
アクセス:那覇空港より車で約90分(高速道路利用)
収容人数:40名
バージンロード:長さ/9m、色/オーシャンブルー(ガラス)
音楽:電子ピアノ、シンガー
販売価格:
<ライトプラン(挙式のみプラン)>[平日]¥188,000(税込)
<上記プランに含まれる内容>・施設使用料・牧師への謝礼・音楽奏者への謝礼・介添え(挙式場にて)・結婚証明書(法的な効力はありません)
・生花ブーケ&ブートニア(白デンファレとグリーンのラウンド)・ビーチ撮影(映像商品お申込みの方対象)
・リングピロー(レンタル)・古宇利オーシャンタワー入園料2名様分
※上記販売価格は2020年6月の挙式までとなります。

<古宇利島について>
古宇利島_「1.31愛妻の日SNSフォトコンテスト」古宇利島は、沖縄本島北部にあるエメラルドグリーンの海に囲まれた、車で行ける小さな島です。
その昔、天から男女ふたりの子供が降ってきて、このふたりの祖先が琉球人の祖となったという沖縄版“アダムとイブ”の神話伝説があることから、かつては「恋の島(くいじま)」と呼ばれ、数ある島の中でも恋人達が数多く訪れる島として知られています。離島にも関わらず沖縄本島から車で行けるアクセスの良さや、古宇利ブルーと言われる美しい海、さとうきび畑などの沖縄の原風景が残っており、有数の観光地として人気を集めています。

<古宇利オーシャンタワーについて>
沖縄本島北部・今帰仁村の観光スポット。
古宇利島のシンボルといえる「古宇利オーシャンタワー」は、展望塔をはじめオーシャンビューの絶景を望むカフェとレストラン、島限定スイーツが話題のショップ、貝の博物館などが楽しめる観光複合施設です。

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細

提供:PR TIMES

RELATED