SNS

I live with the island and stay with the island

SEARCH詳細検索

SEARCH

CLOSE

本島周辺

【クバンダキ展望台】渡嘉敷島の阿波連ビーチを一望できる絶景スポット

2022.11.24

【クバンダキ展望台】渡嘉敷島の阿波連ビーチを一望できる絶景スポット

沖縄県慶良間(けらま)諸島に浮かぶ、ケラマブルーと称される美しい海に囲まれた「渡嘉敷島(とかしきじま)」は那覇から気軽に渡ることができる人気の離島です。代表的な観光スポットである阿波連ビーチを一望できる「クバンダキ展望台」は、様々な観光サイトやSNSなどで紹介されることも多く、1度は目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。今回は、深い緑の山に囲まれたエメラルドグリーンの海を一望できる絶景スポット「クバンダキ展望台」の魅力や行き方についてご紹介します。

#沖縄 離島 #沖縄本島周辺離島 #ケラマ諸島 #阿波連展望台 #渡嘉敷島 観光 #観光スポット
撮影:りとふる編集部



渡嘉敷島について

渡嘉敷島_阿波連港_221110

沖縄県の慶良間(けらま)諸島のうち、那覇市泊港から高速船に乗って約40分で渡ることができる人気の離島「渡嘉敷島(とかしきじま)」。沖縄本島から気軽に渡ることができる距離でありながらも、ケラマブルーと称されるエメラルドブルーの海が美しい魅力的な離島です。特に、渡嘉志久(とかしく)ビーチと阿波連(あはれん)ビーチはマリンアクティビティなども楽しめる人気観光スポットです。

渡嘉敷島随一の絶景を眺められる展望台

渡嘉敷島_クバンダキ展望台②_221110

渡嘉敷島と言えばここ!と言っても過言ではないほどの絶景を眺められるのが、阿波連ビーチの西にある「クバンダキ展望台」です。濃い緑の連なる山々ときれいな弧を描く真っ白な砂浜、珊瑚礁によってできたエメラルドグリーンの海の濃淡、目の前に浮かぶ無人島「離島(ハナリ島)」などを一望できる絶景スポットです。

螺旋階段を上がると、円形の360度を見渡せる展望スペースがあります。風通しも良く、夏の暑い日は絶景を眺めながらの休憩スポットとしてもおすすめです。

渡嘉敷島_クバンダキ展望台③_221110

展望台の屋根や柵を入れて撮影すると、まるでフォトフレームに風景を収めたような写真を撮れますよ。螺旋階段を登る姿を真上から写すのもおしゃれです。その他にも、お気に入りの撮影方法を探してみてくださいね。

渡嘉敷島_クバンダキ展望台④_221110

阿波連ビーチはもちろん、展望台の北側には小さな砂浜や名もなきビーチも眺めることができました。照山方面のモコモコとした山や岩肌も見えるので、渡嘉敷島の雄大な自然を丸ごと感じることができますよ。

 

アクティビティでも人気のハナリ島

渡嘉敷島_クバンダキ展望台⑤_221110

渡嘉敷島_ハナリ島_221110

クバンダキ展望台から見える大きな「離島(ハナリ島)」は無人島ですが、阿波連ビーチからマリンショップのツアーに参加して行く人気のアクティビティスポットの1つです。かつて、人気アイドルの石像が建てられたことからシブがき島と称され、風化による破損と修復を繰り返しながら今もその名で知られています。

渡嘉敷島_ハナリ島②_221110

クバンダキ展望台からハナリ島を良く見ると、岩場にハート型にくり抜かれたような穴が空いています。よく見ないと分からない隠れスポットなので、クバンダキ展望台を訪れたらぜひ探してみてくださいね。

クバンダキ展望台への行き方

渡嘉敷島_クバンダキ展望台⑧_221110

阿波連ビーチの入り口からビーチに出て西側(右側)に真っ直ぐ進み、トンネル岩を抜けて海と逆の集落側に進むと草木が茂る階段があります。その階段を5分ほど登るとクバンダキ展望台に辿り着きます。展望台は螺旋階段が付いていて、2階部分から景色を満喫できます。また、ビーチを経由しない場合は阿波連集落から渡嘉敷村青少年旅行村キャンプ場の駐車場を抜けて、プール跡地からさらに先に進むと行くことができます。キャンプ場の駐車場からだとビーチ経由ではなく、そのまま脇の道を進んで展望台に向かう方が近道です。

阿波連ビーチへの行き方と駐車場について

渡嘉敷港から阿波連ビーチに行くには、レンタカーやレンタルバイクまたは公共バス(乗り合いバス)での移動がおすすめです。山を越えるので車でも約15分~20分ほどかかるため、自転車や徒歩で向かうのはあまりおすすめできません。車の場合は近くにあるキャンプ場の無料駐車場を利用できます。

バスで行く場合…渡嘉敷港から阿波連ビーチバス停まで乗車。詳細はについてはこちら
車・バイクで行く場合…渡嘉敷村青少年旅行村のキャンプ場駐車場を利用。駐車料金は無料。

最後に

阿波連ビーチを一望できる「クバンダキ展望台」についてご紹介しました。展望台付近には自動販売機や売店がないので、あらかじめ飲み物は準備してから行くのがおすすめです。阿波連ビーチから気軽に歩いて行ける距離にあるのでビーチだけを満喫するのではなく、ぜひ「クバンダキ展望台」に登って美しい阿波連ビーチや渡嘉敷島の自然を感じてみてくださいね。

 

RELATED