SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

北海道

大自然の絶景と美味しいグルメを求めて!北の離島「利尻島」旅行♪

2019.03.09

大自然の絶景と美味しいグルメを求めて!北の離島「利尻島」旅行♪

北海道・稚内の西、日本海上に浮かぶほぼ円形の島、「利尻島(りしりとう)」。離島ならではの手つかずの絶景を求めて、多くの観光客が訪れています。北の大地ならではの豊かな自然美と神秘に満ちた大地のパワーをぜひ感じてみませんか?今回は魅力的な観光スポットやご当地グルメをご紹介します!

利尻島の見どころ

画像提供:PIXTA

利尻島は北海道の北部、稚内市から約52km沖に浮かぶ島です。島のシンボルとなっている日本百名山「利尻山(りしりざん)」を中心に自然美が島内に広がっています。湿性植物や高山植物が群生する南浜湿原(みなみはましつげん)を気軽に散策してみても良いでしょう。体力に自信のある方は、登山家も魅了する絶景を目指して利尻山登頂に挑戦してみてください。

利尻島の行き方

画像提供:PIXTA

稚内港から定期運航しているフェリーで利尻島の鴛泊港(おしどまりこう)まで約1時間40分。空の便を利用する場合は、札幌・千歳空港から利尻空港まで約50分。海からでも空からでもそれぞれ違った島の景色を楽しむことができます。

絶景の観光スポット

姫沼(ひめぬま)

画像提供:PIXTA

周囲約1kmの小さな沼で、散策道を約20分で回ることができます。原生林の先には利尻山がそびえ立ち、晴れた日には水面に利尻山が逆さに映ることもあるので、絶景を望めるスポットとして人気があります。森に囲まれた神秘的な雰囲気が魅力の沼です。

画像提供:PIXTA

姫沼

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊字湾内

鴛泊港から車で約10分

 

オタトマリ沼

画像提供:PIXTA

利尻富士を美しく見せてくれる、周囲約1kmの沼です。時期によって道端に咲く、エゾイソツツジやカキツバタを見ながら散策道をのんびり歩くのもおすすめです。また、銘菓「白い恋人」のパッケージとほぼ同じ角度で見られる展望台があるので、ぜひ美しい景観を見てくださいね。

画像提供:PIXTA

オトタマリ沼

北海道利尻郡利尻富士町鬼脇沼浦

鴛泊港から車で約35分

 

仙法志御崎公園(せんぽうしみさきこうえん)

画像提供:PIXTA

利尻島の最南端にある公園で、奇岩のユニークな風景が見られます。運が良ければ、野生のゴマフアザラシに遭遇できるかもしれないので、そのかわいい姿に癒されてくださいね。

画像提供:PIXTA

仙法志御崎公園

北海道利尻郡利尻町仙法志

沓形港からバスで約30分

 

利尻島グルメを食べ歩き!

 

丸善の「うにめし丼」

 

View this post on Instagram

 

Cnt!さん(@china2rist)がシェアした投稿

やっぱり利尻島を訪れたら、ウニは外せませんね!鴛泊港フェリーターミナル内で食べることができる「うにめし丼」は、全国のご当地丼ぶり選手権で、何度もグランプリに輝く有名な丼ぶりです。利尻島の名物として、おすすめグルメです!

丸善

北海道利尻郡利尻富士町鴛泊 鴛泊港フェリーターミナル 海の駅おしどまり2階

0163-82-1110

11:00~14:00

営業期間:3月~12月 定休日:6月〜9月無休

 

海の幸を堪能!

画像提供:PIXTA

島の海産物は宝庫で、もちろんウニだけではありません。鮮度抜群のホタテやイカなどもおすすめです!生のままでも焼いてもおいしいです。島内の観光をする際は、ぜひ一緒に絶品の海産物グルメも食べ歩いてくださいね。

北利ん道(きたりんどう)の「愛す利尻山」

 

View this post on Instagram

 

Toshimitsu Sensoさん(@senchan0415)がシェアした投稿

北海道グルメで押さえておきたいご当地アイス。ソフトクリームにウニと昆布のトッピングがされ、昆布の根っこで作られた「根っこスプーン」でアイスを食べます。アイス好きの方には、ここでしか食べられない逸品をぜひお試しあれ!

北利ん道

北海道利尻郡利尻町沓形富士見町136

090-5988-2784

10:00〜16:00

営業期間:6月〜9月末 定休日:不定休

 

気になる気候や服装について

旅行を計画する際には気になることですよね。利尻島旅行におすすめの6月~10月の気候や服装についてまとめたので、参考にしてみてください。

・6月

初夏を迎える頃です。平均気温は13~15℃、最低気温は5℃、最高気温は20℃程です。長袖長ズボンが基本ですが、朝晩は冷え込むこともあるので、予備としては薄手の羽織るものをご準備ください。

・7月

利尻山の山開きで本格的な登山シーズンの始まりです。平均気温は17~18℃、最低気温8℃、最高気温は25℃程です。半袖半ズボン等の夏服でも大丈夫ですが、標高が高い場所や森等への観光に行く予定がある方は、薄手のTシャツに長ズボン等がおすすめです。朝晩は夏でもひんやりするので、薄手の羽織るものをご準備ください。

・8月

利尻島の夏が終わる頃です。平均気温は20~21℃、最低気温12℃、最高気温は27℃程です。半袖半ズボン等の夏服でも大丈夫ですが、自然の中には藪蚊やその他生物がたくさんいるため、散策道などで足を擦ったり、展望台へ行く途中で転んだりなどのケガの軽減にもなるため、薄手のTシャツに長ズボン等がおすすめです。

・9月

爽快で過ごしやすい時期です。平均気温は17~18℃、最低気温7℃、最高気温は24℃程です。長袖長ズボンが基本ですが、厚手の羽織るものが1枚あるといいと思います。

・10月

上旬には利尻山の初冠雪が見られ、下旬には利尻島に雪が舞う冬になります。平均気温は12~13℃、最低気温3℃、最高気温は19℃程です。冬の服装で、厚手のセーターにズボン、ジャンパーやフリース、コートなど厚手の羽織るものが必要です。

最後に

北海道の最果ての島として有名な利尻島。数々の魅力的な観光スポットがあり、グルメも楽しめる島です。そんな利尻島へ、一度訪れてみてはいかがでしょうか。

 

#島旅 #ハイキング #トレッキング

RELATED