SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

オセアニア

ロットネスト島:“世界一幸せな動物”クオッカが埼玉県こども動物自然公園に登場

2020.06.24

ロットネスト島:“世界一幸せな動物”クオッカが埼玉県こども動物自然公園に登場

埼玉県東松山市にある埼玉県こども動物自然公園では、開園40周年を記念し、オーストラリアのフェザーデール野生生物園からクオッカのオス2頭とメス2頭が3月に贈られました。これまでは動物園のホームページやSNSでその愛らしい姿を見ることができましたが、いよいよ7月1日(水)から一般公開されます(7月10日(金)まで平日のみ開園予定)。オーストラリア以外の動物園でクオッカが見られるのは埼玉県こども動物自然公園だけです。ぜひ、クオッカに会いに行きましょう!

埼玉県こども動物自然公園 公式サイトはこちら
※クオッカの観覧には無料整理券が必要です。観覧方法の詳細は動物園のWEBサイトをご確認ください。

ロットネスト島_クオッカ(埼玉県こども動物自然公園)



クオッカについて

ロットネスト島_クオッカ(埼玉県こども動物自然公園)

ロットネスト島で野生のクオッカとセルフィー!

いつも笑っているような口元から“世界一幸せな動物”と呼ばれるクオッカは、オーストラリア固有の有袋類でワラビーの仲間です。州都パースの沖合約19kmに浮かぶロットネスト島には野生のクオッカが多く生息し、ほぼ100%出会うことができます。クオッカは本来夜行性で、夕方前から翌朝に活発に活動します。人懐っこいので間近で観察でき、一緒に写真を撮ることもできます。エサをあげたり触ったりするのは禁止されているので、ご注意を。
ロットネスト島という名前は、オランダの探検家が島に上陸した際、クオッカをネズミと勘違いし、ネズミの巣と名付けたことに由来します。青く透明な海に囲まれ、美しい白浜の絶景ビーチが点在し、島全体がA級自然保護に指定される国立公園です。一般車両の乗り入れが禁止されているので、フェリーで訪れたら、主な移動手段は自転車か巡回バス。レンタサイクルで島巡りをしたり、シュノーケリングやボートツアーで海洋生物と出会う体験も人気です。
また、宿泊には2019年にオープンしたグランピング施設「ディスカバリー ロットネストアイランド」がおすすめです。目の前に美しいピンキービーチが広がる、エコ・フレンドリーかつラグジュアリーなテントで、快適なキャンプ体験ができます。

【ロットネスト島へのアクセス】
フェリーでのアクセスが便利です。州都パースのエリザベスキーにあるバラックストリート桟橋から約1時間30分、フリーマントルのBシェッドとノースポートから約30分。

【西オーストラリア州政府観光局】
WEB Facebook Instagram Twitter

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
※記事一部抜粋
提供:PR TIMES

RELATED