SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

アジア

モルディブ:最適なホテルステイを探して、魅惑のデスティネーション「モルディブ」の旅

2020.02.05

モルディブ:最適なホテルステイを探して、魅惑のデスティネーション「モルディブ」の旅

美しい珊瑚礁に囲まれたモルディブは、非日常を体験するのに最高のデスティネーション。手つかずの自然の美しさと静寂に包まれながら、行き届いたきめ細やかなサービスをご堪能いただけます。リゾートでは、雄大な海のアクティビティや素晴らしい料理とともに、世界最高レベルのスパやウェルネスで身も心も癒される時間をお過ごしいただけることでしょう。



 

魅惑のデスティネーション「モルディブ」の旅

インド洋に点在する群島からなる海の楽園モルディブは、古くからハリウッドスターやロイヤルカップルなど、世界屈指のゴージャスな旅行者たちを魅了してきました。その一方で、はるか遠くの海に浮かぶ美しい島々は、多くの人々にとっては時間とコストの両面において贅沢で、簡単には手が届かない夢のような旅先でもあったのです。

世界110ヶ国で4,900軒以上のホテルやレジデンスを有し、世界を牽引するホスピタリティーグループであるアコーは、近年、この魅力的なデスティネーションをより多くのお客様にお楽しみいただけるよう、モルディブへの出店に注力してきました。現在までに、ラッフルズ、フェアモント、プルマン、モーベンピック、メルキュールと、グレードの異なる5つのブランドのホテルの運営を実現。極上の贅沢を堪能できる「ラッフルズ」から、気軽にお泊りいただける「メルキュール」まで、ゲストの多様なリクエストにお応えできるラインアップをご用意しています。

アコーの東南アジア・北東アジア・モルディブ担当最高執行責任者(COO)パトリック・バセットはこう述べています。
「世界で最も人々を魅了するデスティネーションのひとつであるモルディブにおいて、私たちが目指すのは、バラエティ豊かなホテルブランドを提供することです。そして、ゲストの皆さまに、それぞれのスタイルに合う最適な楽しみ方で、生き生きとした自然のままのモルディブを満喫していただくことです。プライベートビーチでシャンパンを嗜みながらとる朝食や、ダイビングボート上のピクニックランチなど、贅を尽くした豪華なものから、個々の価値観に寄り添い心地良さを追求したパーソナルなものまで、アコーならではのユニークなホテルステイで皆さまの素晴らしい旅をサポートいたします。」

モルディブ諸島を訪れる多くの旅行者が、首都マレにあるヴェラナ国際空港を拠点に、水上飛行機やモーターボード、国内線の飛行機などでホテルまで移動します。「フェアモント モルディブ シル フェン フシ」と「モーベンピック リゾート クレディヴェル モルディブ」は空港から北へ約1時間、「ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート」、「プルマン モルディブ マームター リゾート」、「メルキュール モルディブ クドゥ リゾート」は空港から南へ約1時間半と、いずれも便利な立地です。

ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート

モルディブ_アコーグループ

優雅で贅沢な休暇を過ごしたい方には、「ラッフルズ モルディブ メラドゥー リゾート」が良いでしょう。1887年以来、ラッフルズホテルは、格式高く優雅な雰囲気が魅力で、旅好きなゲストたちを魅了してきました。ロイヤルファミリー御用達のヴィンテージワインを揃えた「ロングバー」や、蓮からインスピレーションを得た静穏な趣きの「ラッフルズ スパ」など、ラッフルズブランドの代表的なシグニチャーもご堪能いただけます。
2019年5月に誕生したこのホテルは、透き通った海が美しいガーフアリフ環礁に位置し、通常はエクスカーションに参加しないと出会えないウミガメやカクレクマノミに、ヴィラにいながらにして出会うこともあるほど、モルディブ諸島の中でも手つかずの自然をご満喫いただける抜群のロケーションにあります。2つのプライベートアイランドにまたがっており、島と水上の異なる世界を同時に体験していただけます。
白砂に囲まれたアイランドでは、21軒のヴィラとレジデンス、水上のラッフルズ スパ、ターコイズブルーのラグーンを臨む2つのレストラン、海洋学者が常駐するワールドクラスのダイブセンターを完備。一方、16軒の水上ヴィラと、日本料理を提供する洗練されたレストラン「ユズ」、海に沈む夕日を臨むバー「ヤパ サンセット バー」、眼前に海と空が彼方まで広がるロマンチックなダイニング「ザ ファイヤーピット」を有するアイランドでは、感動的な日の出や夕日とともに水上アクティビティーをお楽しみいただけます。
さらに、ラッフルズ伝統のサービスであるラッフルズ・バトラーや子供専用バトラー、このホテルならではのマリーンバトラーサービスやプライベートシェフといった上質なおもてなしで、一生心に残る特別なモルディブ体験をご提供いたします。

フェアモント モルディブ シル フェン フシ

モルディブ_アコーグループ

格式高いラッフルズより、いくらかカジュアルでありながら、上質で温かい真のサービスとパーソナルなケアをお求めの方には、「フェアモント モルディブ シル フェン フシ」がおすすめです。
2018年にオープンしたオールヴィラのラグジュアリーレジャーリゾートは、シン フェン フシ島の北端に位置し、モルディブで最も大きな天然のラグーンが広がるジャビヤニ環礁で唯一のリゾートとして、比類なき体験を提供しています。120棟の豪華なヴィラを有し、ビーチヴィラ、水上ヴィラ、ユニークなジャングルテントヴィラなど、多様なスタイルを揃えています。
サファリスタイルのヴィラでは、一流のリゾートのサービスを受けながら、星空の下での夢のような滞在をご体験いただけます。屋外の開放的なリビングエリアや、孤島でのピクニック、イルカクルーズ、日が沈むなかでのサンセットセーリングをお楽しみください。そしてこの地域で何よりもおすすめなのは、現地に生息するマンタが小魚と一緒に泳ぐ様を間近でお楽しみいただけるクリーニングスポットでのシュノーケリング。
さらに、「自然とアートの融合」をコンセプトにした本リゾートでは、モルディブ初の海底美術館で、シュノーケリングをしながら、神秘的なアートインスタレーションをお楽しみいただけます。インスピレーションあふれるアート体験とともに、美しい海における珊瑚の発育を見ることで、自然界の保護についての意識も高まることでしょう。神秘的でエシカルな体験を通して、心を刺激する忘れられない旅をお楽しみいただけます。

モーベンピック リゾート クレディヴェル モルディブ

モルディブ_アコーグループ

フェアモントのすぐ南のヌーヌ環礁には、同じく2018年にオープンした「モーベンピック リゾート クレディヴェル モルディブ」があります。サステイナブルな開発に尽力する本リゾートは、ソーラーパネルの活用や、生態系への影響を最小限に抑える海水淡水化システムの導入など、環境へ配慮した施設です。
ブランド発祥の地であるスイスから遠く離れたモルディブでも、モーベンピックブランドのシグニチャーフードを満喫していただけます。モーベンピックコーヒーやチョコレート、アイスクリーム、ワインを提供する「モーベンピックコーヒー&ワインラウンジ」、無料のチョコレートが振る舞われる「モーベンピックチョコレートアワー」など、日替わりのユニークなサービスもご用意しています。小さな子供たちが笑顔になれるイベントはもちろん、ベビーシッターサービスなども利用できる「モーベンピック・リトルバードクラブ」への参加も選択肢のひとつ。
もちろん、夫婦だけで大人の時間をお過ごしいただくのも一興です。全室プライベートプール付きで、ウォータースポーツやゲーム、セーリングクルーズなどアクティビティも充実。子供から大人まで、家族みんなでお楽しみいただくならモーベンピックがおすすめです。

プルマン モルディブ マームター リゾート

モルディブ_アコーグループ

ラッフルズの反対側にあるガーフアリフ環礁の南側には、「プルマン モルディブ マームター リゾート」をご用意しています。日常の喧騒から解き放たれたいときには、最近オープンしたばかりの「プルマン モルディブ マームター リゾート」がおすすめです。トロピカルな木々に囲まれた19ヘクタールの敷地内には、マングローブの森や野菜畑、湖が広がり、122棟のヴィラがあります。
ファミリーヴィラは広々とした十分なスペースがあり、なかでも2棟のアクアヴィラでは、魚と一緒に眠りにつくという忘れられないひとときを過ごせるでしょう。水中にあるベッドルームの窓からはカラフルな珊瑚や熱帯魚はもちろんのこと、ときにはサメが泳ぐ姿も見られるかもしれません。
プルマンが大切にしているのは、ホテルが誇る最高のパフォーマンスとゲスト一人ひとりのニーズが完璧にマッチすること。この実現を叶えるモルディブ最高レベルの「オールインクルーシブプラン」は、ぜひご体験いただきたい自慢のサービスです。6つのユニークでコスモポリタンなダイニングシーンには、インフィニティープールのバー、タパスやカクテルが楽しめるラウンジ、オーガニックガーデンに囲まれたベジタリアンレストランを完備。さらに、手軽にお召し上がりいただけるシャーベットやスナック類のフードカートが、一日中リゾート内を走り回っています。
アクティブな滞在をお好みの方には、ネイチャーウォークやトレジャーハンティング、アイランドジョギングなどをご用意しています。ビーチで爽快な風を受けながらランニングしたり、ラグーンで泳いだりするブートキャンプ式ワークアウトも目玉のひとつです。

メルキュール モルディブ クドゥー リゾート

モルディブ_アコーグループ

ラッフルズの反対側にあるガーフアリフ環礁の南側には、もう一つ「メルキュール モルディブ クドゥー リゾート」をご用意しています。ウォータースポーツを楽しみたい方に最適なホテルです。セーリングやカヤック、ジェットスキー、シュノーケリング、ワールドクラスのダイブセンターなど、澄み渡った空の下、きらきらと輝く透明度の高い海で、様々な体験を満喫していただけます。
このリゾートは、2017年にアコーのモルディブ初のリゾートとしてオープンしました。43棟の水上ヴィラと25棟のビーチヴィラを有し、5つのホテルの中では比較的気軽にお泊りいただけるブランドです。一方、その堂々とした佇まいとモルディブ特有のホスピタリティーは、他のホテルに少しも引けを取りません。

最後に

「モルディブにおける記憶に残る滞在を幅広い価格帯でご提供いたします。」と、アコーのパトリック・バセットは語ります。「どのホテルに滞在しても、きっと壮大な美しさに包まれて、至福のときをご堪能いただけることでしょう。砂浜や海は完璧なまでに自然の姿を保ち、人々は親切でホスピタリティーにあふれ、空と大海原は生命に満ちています。一度でもモルディブを訪れれば、何度でも戻って来たくなるはずです。」
2019年末にアコーが提供するロイヤリティプログラムが生まれ変わり、ALL – Accor Live Limitlessになりました。この度新しくなった宿泊料金とご予約の詳細については、こちらをご覧ください。

アコーについて
フランス、パリを拠点とするアコーグループは、世界110ヶ国で4,900を超えるホテル、リゾート、レジデンスや高級レンタルホームを展開し、旅行、ライフスタイル、デジタルの分野を通じて他にない素晴らしい体験を提供する、業界を牽引する世界最大級のオーギュメンテッド(幅広い分野にて拡大を続ける)・ホスピタリティーグループです。
ラグジュアリーからエコノミーまで、幅広いブランドのポートフォリオを誇り、50年以上に渡りホスピタリティーサービスを提供しています。アコーは宿泊の領域を超えて、飲食、ナイトライフ、ウェルビーイング、そしてコワーキングブランドを通じて、「働く、暮らす、遊ぶ。」の人生のあらゆる場面において、新しいライフスタイルをお届けします。
また、アコーは環境・社会・コミュニティ活動の分野におけるサステイナブルデベロップメントプログラム「Planet 21」にも積極的に取り組んでおり、地球と地域社会への還元にも積極的な役割を果たしています。「Accor Solidarity」基金は、専門的なトレーニングや雇用機会の提供をとおして恵まれない人々を支援しています。
アコーSAは、ユーロネクスト・パリ証券取引所(ISINコード:FR0000120404)および米国のOTC市場(ティッカー:ACRFY)に上場しています。詳細についてはこちらをご覧ください。またはTwitterやFacebookでフォローしてください。

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED