SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

鹿児島

竹島:人口70人の島で子どもたちがチャレンジ!「ハマギdeげんき餃子」販売

2021.02.19

竹島:人口70人の島で子どもたちがチャレンジ!「ハマギdeげんき餃子」販売

鹿児島の南方に浮かぶ人口約70人の島、三島村竹島で学校と地域・役場が連携したプロジェクト(ハマギプロジェクト)が進行しています。昔から島の郷土料理として食されてきたハマギ(ボタンボウフウ・俗称:長命草)を使って、島をたくさんの人に知ってもらおうと全校生徒17名の小さな学校(三島竹島学園)が主体となり、チャレンジしています。

これまでに東京・札幌に店舗を構える「離島キッチン」にてハマギを使った料理の提供、その反響を受け、商品化することとなった「ハマギを使った餃子」の企画会議、ホームページ・キャラクター・パンフレット・プレスリリース作成の授業といった取り組みをしています。本プレスリリースはニュースメーカー研究所・主宰の伊東将志氏をオンラインで講師に迎え、授業の中で子どもたちと作ったものです。

3月6日にはハマギを使った餃子、名付けて「ハマミんのハマギdeげんき餃子」を三島村・鹿児島市・東京・札幌・オンラインで販売予定です。企画から販売までのすべてに子どもたちがかかわったこの取り組み・商品をご案内申し上げます。



「ハマミんのハマギdeげんき餃子」販売概要

竹島_「ハマミんのハマギdeげんき餃子」

販売開始:2021年3月6日(土)
販売場所
・三島村内
・鹿児島市…㈱ビッグファイブ、
・東京…離島百貨店(離島キッチン日本橋店)、離島キッチン神楽坂店(料理提供のみ)
・札幌…離島キッチン札幌店
活動主体:三島村立三島竹島学園
協力:三島村役場、NPO法人みしまですよ、㈱離島キッチン、㈱ビッグファイブ

 

竹島_「ハマミんのハマギdeげんき餃子」

【お問い合わせ先】
NPO法人みしまですよ 担当:山崎
電話:050-3713-3404 メール:yamazaki@mishimamura.org

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED