SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

八重山諸島

沖縄・石垣島:新たに誕生した大人のサンクチュアリで極上の島時間を満喫

2020.09.24

沖縄・石垣島:新たに誕生した大人のサンクチュアリで極上の島時間を満喫

今年7月に新館3棟を開業し、新たなラグジュアリーの扉を開いた「ANAインターコンチネンタル石垣リゾート」は、バカンスの時期が過ぎて素顔の石垣を取り戻す秋から冬にかけて、穏やかな島時間を満喫できるベストシーズンを迎えます。

沖縄・石垣島_ANAインターコンチネンタル石垣リゾート「クラブインターコンチネンタル」

「豊かな自然と文化が根付いた島で心の琴線に触れる、出会いと発見に満ちたラグジュアリーリゾート」をコンセプトとするANAインターコンチネンタル石垣リゾートに新たに誕生したのは、「クラブインターコンチネンタル(1棟、86室)」と「ベイウィング(2棟、117室)」です。新館の誕生により、2009年から営業していた「オーシャンウィング(173室)」「コーラルウィング(82室)」と合わせ、5つの棟に総客室数458室を有する国内屈指のスーパーラグジュアリーリゾートへと進化しました。

旅の贅を極めたゲストから特に注目されているのが、世界最大のラグジュアリーホテルブランド「インターコンチネンタル® ホテルズ&リゾーツ」の中で最上級の環境とサービスをご提供している「クラブインターコンチネンタル」。スイートルームからスーペリアルームまで5つのタイプの客室のほか、「クラブラウンジ」や「クラブインターコンチネンタル プール」など、クラブインターコンチネンタルのゲストだけがアクセスできる特別感に溢れた専用施設を併設しています。クラブインターコンチネンタル カテゴリーの客室や専用フロアを有するホテルはこれまでも国内にありましたが、建物1棟まるごとクラブインターコンチネンタル カテゴリーとなるのはANAインターコンチネンタル石垣リゾートが日本で初めてです。



国内初、「1棟まるごとクラブインターコンチネンタル」が実現したワンランク上のラグジュアリー

クラブインターコンチネンタルの特徴は、時間軸や場所によって変わることがないパーソナルでシームレスなラグジュアリー体験。経験豊富なクラブインターコンチネンタル専属スタッフがワンチームで対応し、ご予約のプロセスからお帰りのモーメントまで、お客様一人ひとりに合わせたパーソナルなサービスを徹底することによって、極上の「クラブインターコンチネンタル ライフエクスペリエンス」をお約束いたします。

クラブインターコンチネンタルの特別な体験はご滞在前から始まります。ご予約時には、専任コンシェルジュがお客様一人ひとりのご希望に合わせたリゾートステイのプランニングをサポート。ご出発の72時間前には専任コンシェルジュからメールで旅程のご確認や天候をはじめとする最新情報をお伝えし、安心で快適なご滞在に向けた万全の準備を整えます。

ご到着時には専属スタッフが新館メインエントランスでお出迎えし、館内に散りばめられたアートやインテリアのご紹介をしながらクラブインターコンチネンタルまでエスコート。パーソナルチェックインのお手伝いをする専任のコンシェルジュに引き継ぎます。

「クラブインターコンチネンタル ライフエクスペリエンス」をご提供するための特別なトレーニングを受けたクラブインターコンチネンタル専属スタッフは、クラブラウンジでの飲食サービス、ホテル内外のレストラン予約、ローカル観光案内など、ご滞在中のあらゆるシーンにおいてパーソナルなおもてなしを徹底し、記憶に刻み込まれるような特別な旅を演出いたします。

クラブインターコンチネンタルのゲストだけ、ベールに包まれた大人のサンクチュアリ

沖縄・石垣島_ANAインターコンチネンタル石垣リゾート「クラブインターコンチネンタル」

クラブインターコンチネンタルのもう一つの特徴は、そこに宿泊したゲストしかアクセスできない施設でのエクスクルーシブなリゾート体験。その象徴となるのがクラブラウンジと専用プールです。

石垣島の大自然にインスパイアされたデザインのクラブラウンジは、海のブルーと砂浜のベージュをあしらった絨毯にブラウンやグレーのソファを配した明るい雰囲気のソファエリアと、ウッディなフロアにブラウンのアクセントラグをあしらいグレーやベージュのチェアを配したシックなダイニングエリアに分かれています。ソファエリアからは専用プール、ダイニングエリアからは豊かな植栽のガーデンを望み、一つの空間でありながら海と大地の自然の機微を感じられるスペースに仕上がっています。

午前6時から午後8時までオープンしているクラブラウンジでは、石垣島ならではのローカル食材をふんだんに盛り込んだ特別な朝食、インターコンチネンタルのシグニチャー体験の一つとして大人気のアフタヌーンティー、リゾート気分を盛り上げるカクテルタイムのそれぞれの時間帯に、クラブラウンジ専用キッチンで調理したグルメを唸らせるレベルのフードメニューと各種ドリンクを全て無料(*)でお楽しみいただけます。
(*)朝食の特別和食膳(税サ別10,000円)と一部メニュー&ドリンクは有料

ここでしか味わうことのできない「ぬちぐすい朝食(*)」は、長寿で有名な沖縄の郷土料理や地産の食材をふんだんに使った愛情溢れるホテル自慢の朝食です。また、「オーシャンアフタヌーンティー」では、ウミガメ、貝、珊瑚、スターフルーツ、椰子の木をあしらったサーフボードなど、南国らしいアイテムをモチーフにしたスイーツや軽食を、伝統的な英国式ハイティーのスタイルでお楽しみいただけます。さらに「スターリーナイトイブニングカクテル」では、8種類のオリジナルカクテルと4種類のオリジナルモクテル(ノンアルコール)を含む各種ドリンクをシェフ特製カナッペと共にご提供いたします。クラブインターコンチネンタルが開業した七夕に想いを寄せて作られたシグニチャーカクテル「石垣スターリーナイト」や、パイナップルやマンゴーをはじめとする南国フルーツとハイビスカスなどのハーブを使ったオリジナルのドリンクを、素敵なストーリーと一緒にお楽しみください。
(*)「ぬち」=命、「ぐすい」=薬。母の愛情や人の優しさなど心の底から癒されるような食事や体験を表現した方言

クラブラウンジを抜けると、その先にはクラブインターコンチネンタルのお客様だけにご利用いただけるクラブインターコンチネンタル プールが優雅に佇んでいます。旅慣れたお客様が「グリーンインフィニティー」と表現したインフィニティープールは、目線の先に豊かなグリーンの森を望み、今までに見たことのないような唯一無二の趣です。

プールサイドでは、クラブラウンジで提供しているベーシックなドリンクを終日無料(一部有料)でお楽しみいただけるだけでなく、朝食、アフタヌーンティー、イブニングカクテルの各時間帯にクラブラウンジで提供しているフードメニューも同じく無料でお楽しみいただけます。それ以外の時間帯には、有料のオールデイダイニングメニューをご利用いただけます。

究極の寛ぎとプライバシーを最優先に配慮して設計された大人だけのサンクチュアリで、至福の島時間をお過ごしください。

エメラルドグリーンの海と優しい風に抱かれて、五感に刻まれる至福のひとときを

沖縄・石垣島_ANAインターコンチネンタル石垣リゾート「クラブインターコンチネンタル」

マエサトビーチの向こうに大海原を望む広大なリゾートの西端に新設されたクラブインターコンチネンタルは、全86室がインターコンチネンタルブランド最上級のクラブインターコンチネンタル カテゴリーの客室で占められています。

最上階の「クラブインターコンチネンタル スイートルーム(132.9㎡)」は、2つのベッドルームとジャグジー付きのバルコニーを備えたリゾートで最も贅沢な客室です。同じく最上階の「クラブインターコンチネンタル プレミアムルーム(43.2㎡)」のバルコニーからは太平洋の先に八重山諸島を望む絶景のオーシャンビューをお楽しみいただけます。一方、1階の「クラブインターコンチネンタル プレミアムガーデンルーム(43.2㎡)」のプライベートガーデンは南国の草花で溢れ、備え付けのパラソル付きテーブル&チェアやデイベッドでリラックスすれば海外リゾートにいるような気分が味わえます。その他にも、「クラブインターコンチネンタル デラックスルーム(5~7階、43.2㎡)」や「クラブインターコンチネンタル スーペリアルーム(2~4階、43.2㎡)」など、ご滞在日数や用途に応じて選べる客室タイプをご用意しております。プレミアムガーデンルーム5室を除く全客室がバルコニー付きオーシャンビューで、日中は太陽に煌めくエメラルドグリーンの海、夕刻には優しくも鮮やかな色彩のサンセット、澄みきった夜空には満天の星をご堪能いただけます。

石垣島の海と白い砂浜に包まれるようなブルーとホワイトの色彩で統一された客室は、海の生命にインスパイアされたアートやオブジェなど、島ならではのエッセンスを詰め込んだ玉手箱のようです。海底を彷徨うクサビライシをモチーフにした壁面のヘッドボードアート、海の底に眠る珊瑚をイメージしたランプベースとブルーに輝く海面の煌めきを表現したようなランプシェード、神秘的に輝くシャコガイをモチーフにした琉球ガラスのオブジェ、オーストラリア人アーティストが手掛けた珊瑚のイラストなど、室内の至るところにオリジナルのアートピースが散りばめられています。ブルーからベージュへのグラデーションが美しい絨毯に刻み込まれた四角い模様は、海中で反射して見える太陽の陽射しのようにも、海岸に煌めく砂粒のようにも見えます。お好きなアートを探しながらその解釈に想いを巡らせるのもリゾートの楽しみ方の一つでしょう。

チェックイン時に「石鹸ソムリエ」がセレクトしたソープバーをお客様の目の前でカットしてお渡しするアメニティギフトや、アジアをはじめ世界中のセレブに愛されるHARNNのアメニティなども、特別な時間を彩ります。また、チェックアウトは午後4時なので、ご出発までお部屋でゆっくりお寛ぎいただけます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートでは、この機会に新たなラグジュアリーをご体験いただくため、「オープン記念 クラブインターコンチネンタル宿泊限定・今なら2つの特典付き ラグジュアリーステイプラン」の販売を開始いたしました。プランの詳細およびご予約についてはウェブサイトにてご確認いただけます。

 

【ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの衛生基準について】
IHGホテルは今年5月、「IHGクリーンプロミス」を立ち上げました。これを受け、全世界のインターコンチネンタル® ホテルズ&リゾーツにおいてもホテル内全施設の衛生基準を再定義し、ゲストエクスペリエンスの向上を図っております。ANAインターコンチネンタル石垣リゾートにおいても新たな衛生基準を順守し、お客様の安心・安全を最優先したサービスに努めてまいります。IHGクリーンプロミスの詳細は、IHG HPでご覧いただけます。

インターコンチネンタル® ホテルズ&リゾーツについて
インターコンチネンタルホテルズ&リゾーツは、70年を超える歴史で得た知識を活かし、その土地ならではの魅力を体験できる旅を提供。いずれのホテルでも、インターコンチネンタルならではの優雅な旅をお楽しみいただけます。インターコンチネンタルは、さりげない心遣いが感じられる上質なサービスと充実したアメニティを通した、グローバルで洗練された旅を実現します。お客様ひとりひとりに合わせたきめ細かなサービスによる心のこもったおもてなしで、他にはない優雅で心地よいご滞在をご満喫いただけます。また、インターコンチネンタル アンバサダープログラムと最上級の特典が付いたクラブインターコンチネンタルを通して、大切なお客様に特別なサービスをお届けします。旅慣れたお客様のご滞在が豊かで発見に満ちたものとなるよう、ほかでは味わえない特別な体験など、その土地ならではの魅力をご紹介しています。

IHG®/IHG・ANA・ホテルズグループジャパンについて
IHG(インターコンチネンタルホテルズグループ)[LON:IHG, NYSE:IHG (ADRs)]は、下記の幅広いホテルブランドのポートフォリオを有する、インターナショナル企業です。
シックスセンシズ ホテルズ リゾーツ スパ, リージェント ホテルズ&リゾーツ, インターコンチネンタル ホテルズ&リゾーツ, キンプトン ホテルズ&レストランツ, ホテル インディゴ, EVEN ホテルズ, HUALUXE ホテルズ&リゾーツ, クラウンプラザ ホテルズ&リゾーツ, voco™, ホリデイ・イン ホテルズ&リゾーツ, ホリデイ・イン エクスプレス, ホリデイ・イン クラブバケーションズ, avid ホテルズ, ステイブリッジ スイーツ, Atwell スイーツ, キャンドルウッド スイーツ

世界約100ヶ国に5,900ホテル、884,000室を展開するグローバルホテルオペレーターです。さらに、世界、約1,900軒のホテルが開発中となっています。また、IHGのロイヤリティプログラム、IHGリワーズクラブは、世界最大級のロイヤリティプログラムで、現在、世界1億人を超える会員の皆様に様々な特典をお楽しみいただいております。

InterContinental Hotels Group PLCは、グループの持株会社であり、英国に設立、英国およびウェールズに登録されています。現在世界中のIHGホテル及びコーポレートオフィスには、400,000人を超えるIHGチームメンバーがおり、日々世界中から集まるお客様をお迎えしています。

日本国内では、2006年12月に、IHGとANAの業務提携によるジョイントベンチャー会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパンを設立。2019年12月現在、国内34ホテル、約10,000室を展開しています。その内、9軒がインターコンチネンタル、19軒がANAクラウンプラザ、6軒がホリデイ・インのブランドの下に運営しています。また、2020年1月には新規ブランドとしてホテルインディゴ箱根強羅を開業。さらに2020年秋には、KIMPTON SHINJUKU TOKYO(キンプトン新宿東京)、以降、ホテルインディゴ犬山有楽苑、インターコンチネンタル沖縄美らSUNリゾートの開業を予定しております。<2020年6月30日現在>

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED