SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

広島

江田島:瀬戸内海に浮かぶ島で“NEW WORK STYLE”の創造を

2021.03.02

江田島:瀬戸内海に浮かぶ島で“NEW WORK STYLE”の創造を

広島県・江田島市では2021年、都心企業のサテライトオフィス開設を皮切りに、続々と関東圏からオフィス移転等の動きが活発化しています。



能美市民センター内にバレットグループ開発ラボがOPEN!
地域の相乗効果を期待

江田島市では現在、都心部に本社機能を置く企業が進出する動きが活発化しています。コロナ禍において企業誘致に積極的な姿勢を見せている広島県への注目度が増す中で、広島市中心部へのアクセスも良く、海と山に囲まれた、ほど良い田舎感のある江田島市への企業進出や移住相談の問い合わせが増えています。

江田島_サテライトオフィス等誘致促進事業

東京に本社を置くバレットグループ株式会社は、能美市民センター別館に開発ラボ『COCODEMO(ココデモ)』を開設。海が見渡せる開放的なロケーションで仕事を進めることができるワーケーションスペースは、都会的なデザインの内装と江田島市をモチーフとした明るいペイントで彩られ、温かみのあるものとなりました。壁画ペイントに臨んだのは、バレットグループ社員の紙中一葉(かみなか・かずは)さん。江田島湾の海を目の前に、想像していた色と違ったことから絵具を急遽変更するなど、試行錯誤しながら壁画を描いていました。

江田島_サテライトオフィス等誘致促進事業

壁画を描く紙中さん

「この場所はバレットグループの研究開発拠点ではありますが、例えば子ども向けのプログラミング教室に使用するなど、江田島市民の方々の交流の場のひとつとして、これから認知していただければ嬉しいです。」(紙中さん)

本社のある東京だけではなく、ココ(地方)でも働けるという意味や、地域の方々との関わりを作れる場所にしたいなど、様々な願いが込められて名付けられた『COCODEMO』。今後は、ITを用いた事業開発だけでなく、地域の方を対象とした教育プロジェクトなどでも使用される予定です。

 

合同会社GeneLeaf(ジーンリーフ)が空き家を活用した新オフィスを開設。
場所に縛られず、自由な発想で新しい働き方を

江田島市は最長1か月のお試し勤務や生活周辺の環境視察ができる、広島県の法人向けのプロジェクト「チャレンジ里山ワーク」に参加しています。オフィスの開設に向けての補助金制度や支援なども充実しており、地方進出を検討している企業が選択肢に含めやすいよう、移住・定住促進と並行して力を入れています。その成果もあり、前述のバレットグループを含む、2社の企業誘致に成功。もう1社も江田島市への進出へ向けて準備が進んでいます。

江田島_サテライトオフィス等誘致促進事業

Geneleaf代表の安西さん

コロナ禍でのリモートワークで、東京の狭小住宅やオフィスにこもる毎日が辛く、地方の移転を考え始めたという合同会社GeneLeafは、3月から江田島町秋月地区に空き家を活用した新オフィスを設立します。人口減少に伴った空き家増加問題も大きな課題となっている今、GeneLeafのように空き家を活用したオフィス開設は江田島市にとって大きな励みとなっています。

江田島_サテライトオフィス等誘致促進事業

広い土地付きの邸宅にも住めるチャンスがあります。

また、GeneLeafは縁あって、居住空間として大柿町深江にある広い邸宅を借りて住むことになりました。地域活性化の拠点としての整備を考えていた現所有者が、若い移住者を応援する気持ちを込めて、使用を快諾してくれました。都会とは違った、開放的で大きな家で生活することで、社員のストレスを軽減でき、より島で暮らしやすい・働きやすい環境づくりを心掛けています。

「地域の方々と話すたびに、みなさんが江田島市を愛していることが伝わり、良い印象を持ったので江田島市への移転を決めました。新オフィスについては、社員たちとリノベーションをしながら、働きやすい環境に育てていくことができる点に魅力を感じ、空き家を活用することに。空き家活用は持続的な地域の発展にも繋がると思いますし、私たちの活動を通して、江田島市の魅力を地方でのワーケーションスペースやサテライトオフィス開設を検討しているような企業にも伝えることで、空き家増加問題の解決に少しでも寄与できればと考えています。」(代表社員・安西翔平(あんざい・しょうへい)さん)

江田島_サテライトオフィス等誘致促進事業

島だから実現できる「新しい生活様式」を。

少子高齢化、過疎化が著しい江田島市にとっては、都心にある企業が進出してくれることには大きな意味があると考えています。人口減少の一要因でもある、若い世代の島離れを食い止め、島でも都心と同じような働き方ができることを知り、希望を持って江田島市に留まってくれる。そんな地域との相乗効果を期待しながら、“江田島市の将来を一緒に考え、行動できるパートナーとなる企業”の誘致に今後も取り組んでいきます。

お問い合わせ
江田島市企画部政策推進課
TEL 0823-43-1631/FAX 0823-57-4433
MAIL seisaku@city.etajima.hiroshima.jp

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED