SNS

I live with the island and stay with the island

SEARCH詳細検索

SEARCH

CLOSE

三重

【九鬼嘉隆の首塚・胴塚】鳥羽市答志島に眠る若き海賊

2022.01.25

【九鬼嘉隆の首塚・胴塚】鳥羽市答志島に眠る若き海賊

三重県東部の鳥羽湾に浮かぶ離島「答志島(とうしじま)」。鳥羽市最大の離島で、島内には3つの港があり鳥羽市本土から高速船で約10分〜25分ほどでそれぞれの港に渡ることができます。答志島に残された志摩の若き海賊「九鬼嘉隆(くきよしたか)の首塚と胴塚」についてご紹介します。

#鳥羽市 離島 #答志島 観光 #観光スポット
文章・画像提供:鳥羽市観光課
編集:りとふる編集部



【見どころ】

答志島_九鬼嘉隆 首塚・胴塚_LG0215

戦国時代、世界の海へ出るという野望を抱き活躍した志摩の若き海賊「九鬼嘉隆」。織田信長の配下として九鬼水軍を結成し、巧みな海上戦術でその名を轟かせました。天下の分け目と言われた関ヶ原の戦いでは西軍につきましたが、徳川の勝利により答志島へ逃れます。子の守隆が東軍に参戦したため助命を許されましたが、その報せが届く前に自刃。子の守隆によって首は鳥羽城が見える高台に、胴部はふもとの自刃した洞仙庵近くに葬られました。

【行き方】
JR・近鉄 鳥羽駅→マリンターミナルまで徒歩約7分→市営定期船で和具港まで約18分→和具港定期船のりばからそれぞれ徒歩約15分

九鬼嘉隆 首塚

三重県鳥羽市答志町879-1

 

九鬼嘉隆 胴塚

三重県鳥羽市答志町805-1

 

 

RELATED