SNS

I live with the island and stay with the island

SEARCH詳細検索

SEARCH

CLOSE

三重

【菅島灯台】鳥羽市菅島の日本最古でレンガ造りの現役灯台

2022.01.25

【菅島灯台】鳥羽市菅島の日本最古でレンガ造りの現役灯台

三重県東部の鳥羽湾に浮かぶ離島「菅島(すがしま)」は、鳥羽から高速船で約15分で訪れることができます。島の北東部にある「菅島灯台」は登録有形文化財、近代化産業遺産、日本の灯台50選に選ばれていて、現役では日本最古のレンガ造りの灯台です。明治6年(1873年)の竣工式には西郷隆盛も参列したと伝えられています。今回はそんな菅島の菅島灯台についてご紹介します。

#鳥羽市 離島 #菅島 観光 #観光スポット
文章・画像提供:鳥羽市観光課
編集:りとふる編集部



【見どころ】

菅島__菅島灯台_LG0215

菅島北東部にある菅島灯台周辺は伊勢志摩国立公園に指定され、伊良湖(いらご)水道を望む風光明媚の地です。コバルトブルーの空や海に映える白亜の建物は詩情にあふれ、観光客やカメラマンが多く訪れています。通常は灯台内部には入ることができませんが、7月上旬の“しろんご祭り”の開催日には毎年一般公開がされます。
※新型コロナウイルスの状況により中止となる場合があります。

 

【楽しみ方】

菅島__菅島灯台_LG0215

灯台職員の官舎跡地には水仙が植えられ、真冬には白い可憐な花を咲かせます。また、大山山頂付近には紅ツゲが群生していて、咲き始めると鮮やかな冬の紅葉となります。心地よい島風を感じながら、美しい離島散策を楽しむことができますよ。

【行き方】
JR・近鉄 鳥羽駅→鳥羽マリンターミナルまで徒歩約7分→市営定期船で菅島まで約15分→菅島定期船のりばから徒歩約30分

菅島灯台

三重県鳥羽市菅島町

 

 

RELATED