SNS

I live with the island and stay with the island

CLOSE

兵庫

淡路島:仕事・住居・教育をトータルサポート『ひとり親 働く支援プロジェクト』募集開始

2020.07.31

淡路島:仕事・住居・教育をトータルサポート『ひとり親 働く支援プロジェクト』募集開始

株式会社パソナグループは、主にシングルマザー等のひとり親家庭の方を対象に、兵庫県淡路島で仕事や住居、子供の教育等を支援する『ひとり親 働く支援プロジェクト』を8月3日(月)に開始いたします。

新型コロナウイルス感染症の感染拡大による雇用情勢の悪化を受けて、国内約141万世帯(厚生労働省「男女共同参画白書 令和元年版」調べ)とも言われる「ひとり親家庭」の中には、雇用と生活の両面で困難な状況に直面している方も少なくありません。

そこでこの度、パソナグループはひとり親家庭の方々が、仕事と生活の両方を重視することができる‟ライフ・ワーク・ファースト”をコンセプトに、『ひとり親 働く支援プロジェクト』を開始いたします。
同プロジェクトを通じて、パソナグループが島内で運営する各種施設のサービススタッフや、DX推進などを支援するBPOセンターでのオフィスワーク、農業関連の事業等、パソナグループが関わる仕事に就業される方には、社員寮等の住居支援のほか、子供向け英語教育プログラム「Awaji Kids Garden」への参加等、心豊かな生活と充実した子育て環境を提供いたします。
また、キャリア/ライフ/健康促進/夢実現等を支援する各種プランナーが、個々人のキャリアプラン支援をはじめ、仕事以外の健康面や育児等に関する相談対応や、教育・地域医療等に関する情報提供等、個々人の自己実現に向けて支援を行ってまいります。
また、ひとり親家庭と地域で暮らす方々との定期的なイベント・交流会を開催し、「向こう三軒両隣」の精神で助け合う互助のコミュニティを形成することで、ひとり親の方々が安心して暮らすことができる環境を整備してまいります。

パソナグループは本事業を通じて、様々な困難に直面するひとり親家庭の仕事と生活を支援すると共に、淡路島への移住を促進し、あらゆる方々が心豊かに生活できる社会インフラの構築に貢献してまいります。



『ひとり親 働く支援プロジェクト』募集概要

開始:2020年8月3日(月)
対象:淡路島での就業・暮らしを希望する、ひとり親家庭の方(年齢・経験不問)
雇用形態:正社員 他 (株式会社パソナふるさとインキュベーションでの雇用)
勤務地:兵庫県淡路市 パソナグループ各施設
部門/職種
・地方創生/パソナグループが運営するテーマパークや複合リゾート施設の運営、接客・販売、サービス、エンターテイナー、農業
・アウトソーシング/DX推進などを支援するBPOセンター(人事経理・経理業務など)でのオフィスワーク
・営業部門/インサイドセールス、WEBマーケティングなどのデジタルマーケティング(オフィスワーク)・営業
・管理部門/人事、財務経理、広報、ITシステム担当、経営企画
特徴:
・「柔軟な就業形態」
仕事と生活の両方を重視することができる‟ライフ・ワーク・ファースト”をコンセプトに、フルタイムでの就業をはじめ、短時間勤務や週に数日勤務等、一人ひとりのご希望や条件に応じた雇用契約を締結
・「各種プランナー支援」
キャリア/ライフ/健康促進/夢実現等を支援する各種プランナーが、個々人のキャリアプラン支援をはじめ、仕事以外の健康面や育児等の相談にもお応えし、個々人の自己実現に向けて支援
・「教育支援制度」
淡路島の大自然の中で英語を楽しく学びながら国際感覚や好奇心を育てる、外国人講師による子供向け英語教育プログラム「Awaji Kids Garden」などの受講が可能
・「住宅支援制度」
お子さんと安心して生活できる社員寮を完備
・「向こう三軒両隣」
ひとり親家庭と地域で暮らす方々との定期的なイベント・交流会を開催し、「向こう三軒両隣」の精神で助け合う互助のコミュニティを形成し、ひとり親の方々が安心して暮らすことができる環境を整備
・「ベネフィット・ステーション」
宿泊施設や飲食店、レジャー施設、介護・育児サービス等、約140万件のサービスを優待価格で利用できる福利厚生サービスを提供
・「その他各種サポート」
淡路島移住に際する引越しサポート、社内カーシェアリング、​家事サポートなど
給与:年収350万円~600万円 (社会保険料込み・交通費支給・賞与あり)​
募集人数:20名(2021年4月までに採用予定、入社日は応相談)
応募方法こちらよりご応募下さい
お問合せ
株式会社パソナグループ「ひとり親働く支援プロジェクト」事務局
E-mail mba-saiyo@pasonagroup.co.jp

 

 

PR TIMESプレスリリース詳細
提供:PR TIMES

RELATED